人類は4年ごとに夢をみる

 和歌山県民文化会館で行われた「シネマシアター」で、市川崑監督「東京オリンピック」を鑑賞した。アジア初の五輪を克明に記録した、3時間近い大作である。当時「記録か芸術か」と大論争を巻き起こしたという◆競技場建設のため重機が古いビルを壊す映像から始まる。聖火がヨーロッパから中東、アジア諸国を渡り、人々の手を経て日本へ。聖火ランナーが広島を走り、沖縄を走り、東京を走る辺りで早くも泣きそうになった。そして開会式。晴れ晴れと心浮き立つ各国の選手入場。伝説のブルーインパルスによる、青空に大きく描かれる白い五輪。すべて実際の映像だと思うと胸に迫るものがある◆超望遠レンズで対象に肉迫する、その度合いは「スポーツ競技をここまでアップで撮れるのか」と驚くほど。ビキラ・アベベがゴール後スパイクを脱ぎ、その無残に皮の剥けた足が大写しになる。勝者のおたけび、輝く笑顔。マラソン棄権者の苦しそうな表情。給水所ではゆっくり立ち止まって3杯おかわりする選手なども撮られ、笑いを誘う。そして頻繁に映されるのは観客の生き生きした表情。懸命に手を叩いて応援する高齢女性。手をつなぎ合い、固唾を飲んで見つめる子供達◆結果や記録などまったく重視されない。そんなことより伝わるのは、世界中の人達がただ「スポーツ」という一つのことに熱中する、その喜びと興奮と感激。市川崑という一人の表現者が五輪という千載一遇の機会に出会い感動を形にした、紛れもない芸術作品である。数字だけでは伝わらないものを確実に後世に伝える、貴重な記録でもある◆最後には字幕でメッセージ。「人類は4年ごとに夢をみる。この創られた平和を 夢に終わらせていいものであろうか」。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. それっ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る