世界的ロードレーサーコンタドールさんが和歌山へ

 県のサイクリング事業「WAKAYAMA800~サイクリング王国わかやま~」をPRしようと、県とジェトロ和歌山などが世界的に有名なスペイン人の元プロロードレーサーのアルベルト・コンタドールさん(36)を招いた。21日には美浜町から由良町までの海岸沿いコースを走り、「海沿いの景色がとてもよかった」と景観が気に入った様子だった。

 世界最高峰の自転車ロードレースのツール・ド・フランス(フランス一周レース)、ジロ・デ・イタリア(イタリア一周)、ブエルタ・ア・エスパーニャ(スペイン一周)のグランツールと呼ばれる世界3大大会すべてで総合優勝の経験がある。

 昨年も来県し、紀南地方でサイクリングを体験。今回は高野町、かつらぎ町、湯浅町、白浜町、新宮町、太地町の観光名所を巡ったほか、21日には美浜町の煙樹ヶ浜から由良町の白崎海洋公園までの海岸沿いの約30㌔を実際にサイクリング。「素晴らしい景色でとても気持ちよかった。特に白崎海岸が魅力的だった」など感想を話した。

 コンタドールさんは期間中に各地で撮影した写真を、フォロワー100万人を超える自身のフェイスブックなどにアップ。世界に日高地方や県内の魅力を発信する。

 県は2年前に総延長約800㌔のサイクリングコースを設置。ルート上には案内となるブルーラインが引かれているほか、自転車を室内に保管できるなどサイクリストを歓迎する「サイクリストに優しい宿」を約60カ所に設置。サイクリング環境の整備に注力している。

 県の担当者は「サイクリングを通じて観光客の増加させ、地域の活性化につなげたい」と話している。

写真=サイクリングを楽しむコンタドールさん(白崎海洋公園付近)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る