ルーツをたどる心に響くもの

 初開催の和歌山県人会世界大会が24日に始まり、県民文化会館で行われた記念式典には、北、中、南米など8カ国から来日した11団体約280人と国内各地の県人会員ら合わせて約2000人が参加した。

 式典の翌日から3日間は「ふるさと巡りツアー」が企画され、在外県人会員が紀北、紀中、紀南の3コースに分かれ、縁故者や地域住民、高校生らと交流し、名所も訪れた。紀中コースには約50人のカナダトロント在住の県人会員が訪れ、その様子を担当する美浜町で取材した。

 1世紀前、美浜町三尾から多くの住民が移民したのはカナダのスティーブストンで、今回はトロントからの訪問のため、美浜町に直接ゆかりのある人は少数だった。その人たちは、古い知り合いや親、祖父母を知る人との再会、出会いを喜び、つながりを感じていたが、町にゆかりのない人たちも、ルーツを持つ国、県に住む地域の住民らの心からの歓迎に感激し、交流を楽しんでいた。

 その中でも印象的だったのが、三尾在住で自身も移民者の子孫である女性が、母が口ずさんでいたのを聞きおぼえたという「移民送出の歌」をうたったときだった。かつてカナダに渡る人を送り出すときに三尾でうたわれていた歌で、詩吟のような節で、もの悲しくもあり、力強くもあった。歓迎会の席で披露され、県人会員は皆、目を閉じ、聞き入り、心の奥で響く何かを確かめているように見えた。

 県人会員とは言え、カナダで生まれ育ち日本語が分からない人も多く、三尾出身者も初めて聞いた歌だったと話していたが、いずれも県人のルーツを持つ心を強く打ったようだった。遠く離れれば離れるほど故郷を思う気持ちは募るのかもしれない。(陽)

関連記事

フォトニュース

  1. こらこら、やめなさいっていうの!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る