フェスタ・ルーチェ始まる

 〝本当のクリスマスに出逢える〟イルミネーションイベント「フェスタ・ルーチェ」が、和歌山市毛見の和歌山マリーナシティで始まった。3年目の今回は来年3月1日まで、前回より2日長い88日間。北欧の冬をイメージし、オーロラショーなど新たな演出も盛りだくさんで令和最初の冬を彩る。

 実行委員会(古澤良祐会長)が主催し、1回目は8万人、2回目は10万人を動員し、和歌山の冬の風物詩として定着しつつある。

 欧州の街並みを再現した「ポルトヨーロッパ」の各所が鮮やかな光の演出に包まれ、噴水広場には今回も高さ10㍍以上の巨大なクリスマスツリーがシンボルとしてそびえる。

 新たに登場したものでは、川に架かる橋の上に全長7・5㍍を超えるトナカイやシカのイルミネーションが並ぶ。

 川沿いでは15分に1回、オーロラショーが行われ、スモークに映し出された色とりどりの光が波のように揺れる。

 イルミネーションの木々に囲まれ、シカの足跡が映し出された「森の階段」を上っていくと、星降る広場に光のシカが待ち受け、見上げる空には青や緑に移り変わるオーロラの演出が輝く。

 会場には、目にかけると、イルミネーションの光がハートや星、雪だるまなどの形に見える「マジックグラス」なども用意されている。

 今回はスピーカーを一新し、イルミネーションの空間をさらに印象的にする音にもこだわった。

 声で光の絵が描ける日本初上陸のデジタルボード「ソノスクリプタム」(1月5日まで)も注目のアトラクションの一つ。ボードの前で声を出しながら手や体を動かすと、LEDが光り、声の高低で光の色が変わる。

 和歌山初、フィンランドから〝本物〟のサンタクロースがやってくるイベントも12月15日に開催。同14~25日には本場フィンランドサウナも登場する。

 城壁に映し出されるプロジェクションマッピング(12月1日~3月1日)は前回よりもスケールアップ。昨年好評だった、冬の夜空に1000個のランタンを浮かべる「スカイランタンフェス」は今月23、30日の2日間限定で行われる。

 「クリスマスマーケット」は今月の土日・祝日と12月1~25日に開催し、「光の遊園地」では10個のアトラクションが楽しめる。

 古澤会長は「今回は北欧のクリスマスを感じてもらえるようになっています。寒い北欧だからこそ見られるトナカイやオーロラも体験してもらいたい。昨年来られた方も全く違った世界観を感じていただけるので、楽しみにお越しください」と話している。

 入場券は前売りで大人1300円(当日1500円)、3歳~中学生700円(同800円)。午後5時から9時(12月14~25日は10時)まで。1月6日~2月7日、17日~3月1日は土日・祝日のみ営業する。

 詳しい情報はホームページ(https://www.festaluce.jp/)。

写真=橋の上に並ぶ巨大なトナカイやシカのイルミネーション

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ皆さんで食べてください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  2. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  3. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  4. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  5. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る