フェスタ・ルーチェ始まる

 〝本当のクリスマスに出逢える〟イルミネーションイベント「フェスタ・ルーチェ」が、和歌山市毛見の和歌山マリーナシティで始まった。3年目の今回は来年3月1日まで、前回より2日長い88日間。北欧の冬をイメージし、オーロラショーなど新たな演出も盛りだくさんで令和最初の冬を彩る。

 実行委員会(古澤良祐会長)が主催し、1回目は8万人、2回目は10万人を動員し、和歌山の冬の風物詩として定着しつつある。

 欧州の街並みを再現した「ポルトヨーロッパ」の各所が鮮やかな光の演出に包まれ、噴水広場には今回も高さ10㍍以上の巨大なクリスマスツリーがシンボルとしてそびえる。

 新たに登場したものでは、川に架かる橋の上に全長7・5㍍を超えるトナカイやシカのイルミネーションが並ぶ。

 川沿いでは15分に1回、オーロラショーが行われ、スモークに映し出された色とりどりの光が波のように揺れる。

 イルミネーションの木々に囲まれ、シカの足跡が映し出された「森の階段」を上っていくと、星降る広場に光のシカが待ち受け、見上げる空には青や緑に移り変わるオーロラの演出が輝く。

 会場には、目にかけると、イルミネーションの光がハートや星、雪だるまなどの形に見える「マジックグラス」なども用意されている。

 今回はスピーカーを一新し、イルミネーションの空間をさらに印象的にする音にもこだわった。

 声で光の絵が描ける日本初上陸のデジタルボード「ソノスクリプタム」(1月5日まで)も注目のアトラクションの一つ。ボードの前で声を出しながら手や体を動かすと、LEDが光り、声の高低で光の色が変わる。

 和歌山初、フィンランドから〝本物〟のサンタクロースがやってくるイベントも12月15日に開催。同14~25日には本場フィンランドサウナも登場する。

 城壁に映し出されるプロジェクションマッピング(12月1日~3月1日)は前回よりもスケールアップ。昨年好評だった、冬の夜空に1000個のランタンを浮かべる「スカイランタンフェス」は今月23、30日の2日間限定で行われる。

 「クリスマスマーケット」は今月の土日・祝日と12月1~25日に開催し、「光の遊園地」では10個のアトラクションが楽しめる。

 古澤会長は「今回は北欧のクリスマスを感じてもらえるようになっています。寒い北欧だからこそ見られるトナカイやオーロラも体験してもらいたい。昨年来られた方も全く違った世界観を感じていただけるので、楽しみにお越しください」と話している。

 入場券は前売りで大人1300円(当日1500円)、3歳~中学生700円(同800円)。午後5時から9時(12月14~25日は10時)まで。1月6日~2月7日、17日~3月1日は土日・祝日のみ営業する。

 詳しい情報はホームページ(https://www.festaluce.jp/)。

写真=橋の上に並ぶ巨大なトナカイやシカのイルミネーション

関連記事

フォトニュース

  1. 5月1日から使えます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る