フェスタ・ルーチェ始まる

 〝本当のクリスマスに出逢える〟イルミネーションイベント「フェスタ・ルーチェ」が、和歌山市毛見の和歌山マリーナシティで始まった。3年目の今回は来年3月1日まで、前回より2日長い88日間。北欧の冬をイメージし、オーロラショーなど新たな演出も盛りだくさんで令和最初の冬を彩る。

 実行委員会(古澤良祐会長)が主催し、1回目は8万人、2回目は10万人を動員し、和歌山の冬の風物詩として定着しつつある。

 欧州の街並みを再現した「ポルトヨーロッパ」の各所が鮮やかな光の演出に包まれ、噴水広場には今回も高さ10㍍以上の巨大なクリスマスツリーがシンボルとしてそびえる。

 新たに登場したものでは、川に架かる橋の上に全長7・5㍍を超えるトナカイやシカのイルミネーションが並ぶ。

 川沿いでは15分に1回、オーロラショーが行われ、スモークに映し出された色とりどりの光が波のように揺れる。

 イルミネーションの木々に囲まれ、シカの足跡が映し出された「森の階段」を上っていくと、星降る広場に光のシカが待ち受け、見上げる空には青や緑に移り変わるオーロラの演出が輝く。

 会場には、目にかけると、イルミネーションの光がハートや星、雪だるまなどの形に見える「マジックグラス」なども用意されている。

 今回はスピーカーを一新し、イルミネーションの空間をさらに印象的にする音にもこだわった。

 声で光の絵が描ける日本初上陸のデジタルボード「ソノスクリプタム」(1月5日まで)も注目のアトラクションの一つ。ボードの前で声を出しながら手や体を動かすと、LEDが光り、声の高低で光の色が変わる。

 和歌山初、フィンランドから〝本物〟のサンタクロースがやってくるイベントも12月15日に開催。同14~25日には本場フィンランドサウナも登場する。

 城壁に映し出されるプロジェクションマッピング(12月1日~3月1日)は前回よりもスケールアップ。昨年好評だった、冬の夜空に1000個のランタンを浮かべる「スカイランタンフェス」は今月23、30日の2日間限定で行われる。

 「クリスマスマーケット」は今月の土日・祝日と12月1~25日に開催し、「光の遊園地」では10個のアトラクションが楽しめる。

 古澤会長は「今回は北欧のクリスマスを感じてもらえるようになっています。寒い北欧だからこそ見られるトナカイやオーロラも体験してもらいたい。昨年来られた方も全く違った世界観を感じていただけるので、楽しみにお越しください」と話している。

 入場券は前売りで大人1300円(当日1500円)、3歳~中学生700円(同800円)。午後5時から9時(12月14~25日は10時)まで。1月6日~2月7日、17日~3月1日は土日・祝日のみ営業する。

 詳しい情報はホームページ(https://www.festaluce.jp/)。

写真=橋の上に並ぶ巨大なトナカイやシカのイルミネーション

関連記事

フォトニュース

  1. クリスマスまで点灯します

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る