パプリカダンス募集中

 ユーキャンの新語・流行語のノミネート30語が発表された。人気となったドラマ「あなたの番です(あな番)」やタピオカの「タピる」、吉本芸人で話題になった「闇営業」、新元号の「令和」、台風19号の際に呼びかけられた「命を守る行動を」。「ジャッカル」「にわかファン」「4年に一度じゃない。一生に一度だ」「笑わない男」「ONE TEAM(ワンチーム)」とラグビー関連で5つが選ばれるなど、今年のラグビーブームが反映されている。

 なかにはあまり知られていないものも。探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」の地表に作製した人工クレーターの愛称「おむすびころりんクレーター」、動画や音楽の配信会員制の定額サービスを意味する「サブスク(サブスクリクション)」。また「肉肉しい」は近年の肉バルやかたまり肉ブームの影響で選ばれたのことだ。珍しくお笑い芸人のギャグなどはノミネートされていない。この中でどの言葉が大賞に選ばれるのか注目したい。

 30語の一つに「パプリカ」がある。米津玄師作詞、作曲、プロデュースによる小中学生の音楽ユニット「Foorin(フーリン)」の楽曲で、かわいい曲に合わせて踊るダンスが人気。今年の幼稚園や保育園の運動会では元気に踊る園児の姿がたくさん見られた。

 日高新報の新年号ではそんな「パプリカ」の曲に合わせて踊るダンスコンテストを実施。応募作品の中から優秀な作品を選び、新年号紙面に写真を掲載。日高新報アプリで写真をかざせば、ダンス動画が再生されるようになります。グランプリには1万円分の楽喜健商品券を用意。詳しい応募方法は日高新報HPのPR情報に掲載しています。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 鬼滅のアレも出るかも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る