スターチス 出荷作業本格スタート

 日本一の生産量を誇るJA紀州の特産スターチスが、本格的に出荷シーズンを迎えている。ハウスでは色とりどりのスターチスが鮮やかに色づき、生産農家は収穫、出荷作業に大忙し。今年は栽培初期の気温が高く、生育は遅めだが、11月に入り気温が下がったため例年通りに回復する見込み。京阪神、関東を中心に出荷は6月中旬まで続く。

 出荷は10月初めから始まっているが、今年は9月の気温が高かったため、株の生育が遅く、花芽の本数も少なめ。10月に入っての台風接近も、パイプハウスにビニールが張れず、風や雨の影響を受け、出荷量は少なめの滑り出しだったが、ここにきて気温が下がり、順調に生育。例年通りの出荷量が見込まれている。

 JA紀州中央花き花木部会スターチス部会長の前田昌紀さん(36)=名田町野島=の鉄骨、パイプハウスの60㌃の畑には、フェアリーピンク、ラムセスバイオレット、インペリアルラベンダーの3品種、約1万8000本が鮮やかに咲いており、収穫作業が進められている。温度管理など、栽培環境を整え、特に病気の予防に気を配り、丹精込めて育てている。前田さんは「全体的に順調な生育。年間を通して高品質なものを提供できるようにしたいです」と話していた。

 スターチスは日持ちがよく仏花として人気で、色が豊富でドライフラワーにしても色あせが少ないことが魅力。最近では、フラワーアレンジやハーバリウムにもよく使われている。

 同JA管内では現在、56・7㌶で約60品種が栽培されており、昨年は19億6400万円を売り上げ、今年は21億5000万円を目標にしている。

写真=スターチスを収穫する前田さん

関連記事

フォトニュース

  1. クリスマスまで点灯します

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る