いっしょに読もう! 新聞コンクール 木村君が優秀賞

 新聞記事を読み、周囲の人と話し合った内容も交えて感想や意見をまとめる「第10回いっしょに読もう! 新聞コンクール(日本新聞協会主催)」の全国審査で、御坊小学校5年生、木村友則君の作品が上位2番目の優秀賞に選ばれた。東京五輪のメダルに込められた「多様性と調和」への思いを知り、「オリンピックをきっかけに世界中の人が楽しく生きられる社会になってほしい」と思いをつづった。

 コンクールには47都道府県と海外から計5万7561編(小学生6605編、中学生2万5402編、高校・高専生2万5554編)の応募があり、小・中・高校部門の最優秀賞を各1編、審査員特別賞を1編、優秀賞を各10編、奨励賞118編を選んだ。

 木村君は、東京五輪のメダルのデザインが公表された記事を読んだ感想をまとめた。記事を選んだ理由については、「美しいメダルの写真が目に入り、読んでみるとメダルのデザインに込められた思いを知ることができた」と説明。作文を書くにあたっておばさんに話を聞いた結果、おばさんは「オリンピックは単なるスポーツ競技会でなく、世界中の人がお互いを認め合いたたえ合う舞台。メダルに込められた『多様性と調和』を大切にしてほしい」と話してくれたことを紹介した。

 最後に「1年生のころから柔道をしているが、柔道は一人でできず、相手とともに成長する『自他共栄』を大切にしており、これは『多様性と調和』と同じ考えだと思う」とし、「これはスポーツの世界だけでなく、ぼくたちが生きる社会にも通じる。オリンピックをきっかけに一人一人が違いを認め合い、世界中のみんなが楽しく生きる社会になってほしい」と願いを込め、自身も努力していきたいと締めくくった。

 受賞に際し「こんなにいい賞に選ばれて驚いています。とってもうれしいです」と笑顔を見せている。木村君は県表彰でも優秀賞に選ばれた。

 全国表彰では日高附属中2年の小森涼葉さんが奨励賞。県表彰では御坊小5年の伏木宏太朗君、日高附属中1年の大星茉凜さん、山本真央さん、同2年の小森涼葉さん、同3年の野口楓樺さんが優秀賞に選ばれた。

写真=優秀賞受賞に笑顔の木村君

関連記事

フォトニュース

  1. 和歌山から初めて掲載されました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る