JA紀州 ゆら早生の出荷スタート

 由良町里のJA紀州ゆら柑橘選果場で5日から、極早生のブランドミカン「ゆら早生」の選果、出荷作業がスタートした。初日は約12㌧を東京と大阪に出荷。昨年の台風の影響で、収穫量は例年に比べ7、8割にとどまりそうだが、長梅雨で心配された味の方は糖度、酸味ともに良好で、市場での売れ行きは上々の滑り出しとなった。

 暑い日が続き、朝晩の気温が下がらなかったため、出荷は昨年より4日遅れてスタートした。今年は、昨年の台風の塩害で木が弱り、着花の段階から数が少なかったという。さらに長引いた梅雨や日照不足で、ゆら早生特有の味の濃さが出るか心配されたが、収穫時期に入り、糖度と酸味がバランスよく成長。ゆら早生の中でも糖度11%以上に限定した商品「ゆらっこ」が全体の5割以上を占め、色ののりや大きさは申し分ない出来栄え。選果2回目の8日は、約16㌧を東京と福島県に出荷した。今月いっぱい集荷を行い、ピークは20日前後となる。

 今シーズンの出荷量は平年に比べて2、3割減を予想、300㌧超えを目標としている。選果場の山本俊希運営委員長は「厳しいなかもなんとか仕上がってきており、ほっとしている」と話していた。

 ゆら早生は、1985年に同町で栽培していた宮川早生の枝分かれとして発見。地元生産者が品質改良を重ねてきた品種で、全国のスーパーマーケットや仲卸業者の人気果物ランキングで毎年ベスト3に入る不動の人気を誇っている。

 初売りとなった7日には、同JAの芝光洋組合長、由良町の畑中雅央町長らが東京の大田市場でトップセールスを実施。全国的に厳しい栽培条件のなか、ずば抜けて味が良いと評価され、競りでは5㌔1箱に1万円の値が付いた。

写真=選果機を流れてくるゆら早生(ゆら柑橘選果場)

関連記事

フォトニュース

  1. でっかいオモチャみたい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る