第一歩を踏み出す勇気

 プロ野球、阪神タイガースのドラフト1位ルーキー・近本光司外野手(24)。1年目の今シーズンは142試合に出場。新人では歴代3位となる159安打を放ち、36盗塁で盗塁王にも輝いた。長嶋茂雄氏のセ・リーグ新人最多153安打を塗り替えた数字は立派なもので、巨人ファンから見てもあっぱれの成績と思う。

 昨秋、ドラフト会議で1位指名を受けたときはまだ無名の選手。社会人出身で即戦力として期待通りの活躍ができるのだろうかと思ったが、シーズンが終わってみればそれも余計な心配だった。終盤は小柄な体の割にパンチ力のある打撃と、自慢の俊足でチームの快進撃をけん引。大逆転でのクライマックスシリーズ進出に大きく貢献した一人といっていいだろう。ルーキーで、素晴らしい記録を残すのは大変難しいこと。何がよかったのか。とくに盗塁について大切にしているポイントを説明していたインタビューを聞いたので、要点を紹介したい。

 技術的には「3S」がある。英語表記で「スタート」「スピード」「スライディング」の頭文字をとったもので、素人でも「なるほど」と思う。ルーキーイヤーで盗塁王の快挙を達成した近本選手はそれよりも「走ろうとする勇気」が大切と力説。そもそも次の塁を奪うことを試みなければ盗塁を記録できない。「走ろうとする勇気がないと、いいスタートも生まれない」と、チャレンジ精神の大切さを強調していた。

 球界一の俊足でも、思い切ってスタートを切れなければプロの世界では通用しない。球界に限らず、一歩を踏み出す勇気は重要であり、それがなければ結果を残すことは難しいということだ。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見頃です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る