私たちのくふう展 岡本さんが近畿経産局長賞

 県内の児童生徒の発明品を審査する第52回「私たちのくふう展(一般社団法人和歌山県発明協会主催)」で、御坊市少年少女発明クラブの岡本花穂さん(御坊小5年)の作品「ピカーと光って準備万端!! 小物入れ付きえんぴつ削り」が近畿経済産業局長賞を受賞。来年春に東京で開催される第78回全日本学生児童発明くふう展の書類審査に進むことが決まった。

 536点の出展があり、9つの賞に31人の作品が選ばれ、このうち、6点が全日本くふう展への推薦作品に選ばれた。

 岡本さんの作品は、鉛筆がきちんと削れているかをチェックできる収納ボックス。鉛筆を使う際、きちんと削れていないと、削り直さないといけない手間を省こうと製作。箱にある穴に鉛筆を差し込み、きちんと削れている場合は芯の先がセンサーに触れてライトが点灯し、先がとがっていなければセンサーが反応せず点灯しない仕組みになっている。

 発明クラブが毎年開いている夏休み工夫教室で、和高専OBらの指導の下、設計から製作まで手掛けてきた。全日本くふう展へは12月に書類審査があり、通過すれば来春のくふう展に出展できる。

 全日本への推薦は逃したが、岡本さんの兄で発明クラブで「センパイクラブ員」として指導している岡本太一君(日高附属中1年)も県発明協会長賞を受賞。作品は「楽々、全自動フタ巻き巻きマシーン」で、浴槽のふたを電動で開け閉めする装置のミニチュア模型を作った。

写真=岡本花穂さんの作品「ピカーと光って準備万端!!小物入れ付きえんぴつ削り」

関連記事

フォトニュース

  1. ボクはどれにしようかな

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る