私たちのくふう展 岡本さんが近畿経産局長賞

 県内の児童生徒の発明品を審査する第52回「私たちのくふう展(一般社団法人和歌山県発明協会主催)」で、御坊市少年少女発明クラブの岡本花穂さん(御坊小5年)の作品「ピカーと光って準備万端!! 小物入れ付きえんぴつ削り」が近畿経済産業局長賞を受賞。来年春に東京で開催される第78回全日本学生児童発明くふう展の書類審査に進むことが決まった。

 536点の出展があり、9つの賞に31人の作品が選ばれ、このうち、6点が全日本くふう展への推薦作品に選ばれた。

 岡本さんの作品は、鉛筆がきちんと削れているかをチェックできる収納ボックス。鉛筆を使う際、きちんと削れていないと、削り直さないといけない手間を省こうと製作。箱にある穴に鉛筆を差し込み、きちんと削れている場合は芯の先がセンサーに触れてライトが点灯し、先がとがっていなければセンサーが反応せず点灯しない仕組みになっている。

 発明クラブが毎年開いている夏休み工夫教室で、和高専OBらの指導の下、設計から製作まで手掛けてきた。全日本くふう展へは12月に書類審査があり、通過すれば来春のくふう展に出展できる。

 全日本への推薦は逃したが、岡本さんの兄で発明クラブで「センパイクラブ員」として指導している岡本太一君(日高附属中1年)も県発明協会長賞を受賞。作品は「楽々、全自動フタ巻き巻きマシーン」で、浴槽のふたを電動で開け閉めする装置のミニチュア模型を作った。

写真=岡本花穂さんの作品「ピカーと光って準備万端!!小物入れ付きえんぴつ削り」

関連記事

フォトニュース

  1. オスッ!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る