祭り写真は本紙HPで

 日高地方の秋祭りのシーズンがやってきた。例年同様、2日の印南祭でスタート。午前中は漁港で競り合いが行われ、午後からは川渡り。若中らが屋台や神輿とともに川の中を練り歩く姿は全国的にも珍しく、平日にもかかわらず多くの見物人が訪れ盛り上がった。5日には日高地方最大の御坊祭が行われた。雨が多いといわれる御坊祭だが、今年は晴天に恵まれ、また土曜日開催ということもあって多くの人が詰めかけた。「人を見たけりゃ御坊祭」にふさわしく、身動きが取れないくらいの人だかりで夜遅くまで盛り上がった。

 10月中は毎週末、日高地方各地で祭りが行われる。迫力の獅子舞や四ツ太鼓のサイテクリョーをはじめ、笑い祭の鈴振りの練り歩きや長子祭の鬼の追い出し、下阿田木神社の奉納相撲、須賀神社や紀道祭の馬かけ、由良祭や切目祭の屋台同士を組み合わせる競り合いなど。各祭りに特徴があるので、それぞれの見どころを押さえたいところだ。

 本紙ホームページでは今年も「Smart写真館」で祭りの写真を公開中。8日現在、印南祭を掲載しており、御坊祭も近日掲載。2018年の各地の祭りも掲載しているので、これから祭りを観に行こうと考えている人は、事前に写真で流れを確認し、見どころをチェックしておこう。終わった祭りは随時更新していくので、盛り上がった祭りの余韻はぜひ本紙ホームページで味わってください。Smart写真館は日高新報のホームページ「https://www.hidakashimpo.co.jp/news1/」のトップページからメニューで選択するか、バナーをクリックしてください。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る