県警拳銃射撃大会で御坊署が初優勝

 県警拳銃射撃競技大会が1日、和歌山市木ノ本の県警察学校で開かれ、御坊署が優勝した。部署対抗で1チーム5人の合計得点を競い、御坊署は新田岳人巡査部長(29)=生活安全刑事課=が200点満点中191点で個人優勝。5人合計で1000点満点中、現在の競技仕様となった2008年度以降最高の894点を記録し、初めて優勝旗を持ち帰った。

 射撃の操作技術向上を目的に毎年行われている。元拳銃特別訓練生は参加できず、チーム編成は巡査部長以上の幹部1人以上、前回未出場者2人以上、女性1人以上、拳銃操法技能検定上級者の登録は2人まで。14署と本部6の計20チーム・100人で熱戦が展開された。

 競技は3分以内に15㍍先の標的を撃つ「遅撃ち」、中腰で10㍍先の標的を狙う「腰撃ち」、片膝立ちで15㍍先の標的を撃つ「膝撃ち」、15㍍先に設置された5カ所の標的を撃ち抜く「高撃ち」の4種目。それぞれ50点が満点で、いずれも5発ずつ10点が満点の標的を狙った。

 御坊署は地域課長の梅田明男警部(49)が監督、交通課の小田成幸巡査部長(46)がコーチを務め、新田巡査部長と警務課の鈴木慎仁巡査(27)、地域課の田和佑亮巡査長(32)、草地梨花巡査(23)、前田稜太巡査(19)がメンバー。新田巡査部長は「遅撃ち」「膝撃ち」の2種目で50点を出し、満点賞を獲得したほか、鈴木巡査が176点、田和巡査長が172点、草地巡査が181点、前田巡査が174点をマークした。

 冷静さを保ち、それぞれ集中。9月10日から30日まで取り組んだ練習成果を発揮し、2位の交通部に13点差をつけた。個人で3年ぶり2回目の優勝を飾った新田巡査部長は「全体的にハイレベルのなか、それぞれ高い技術で安定して得点を重ねられました。結果に満足せず、さらに知識と技術を磨き、地域を守るため職務に精励したい」。「快挙や! よくやった」と笑顔でメンバーを迎えた大野矢雄署長は「日ごろの訓練の成果の表れ。非常にうれしい。これを励みに、また業務に生かし、地域の治安維持に一層まい進してほしい」と話していた。

写真=金メダルを胸に(左上から時計回りで)草地巡査、新田巡査部長、前田巡査、田和巡査長、鈴木巡査

関連記事

フォトニュース

  1. この生命力にあやかりたい

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る