由良町が水産土木技術センターと協定締結

 由良町と一般社団法人水産土木建設技術センター(本部=東京都)が16日、漁港等の施設の災害復旧支援に関する協定を締結した。町内で波浪や地震、津波などにより漁港に被害があった場合、同センターが職員を派遣して被災状況の現地調査や災害査定に必要な設計などを行い、スムーズな復旧を支援。同様の協定は県内第1号となった。

 同センターは都道府県や市町村を会員とし、漁港や漁場整備の技術的バックアップを行う建設コンサルタントとして1988年設立。水産関係土木施設に関する専門的な技術や業務の蓄積を生かして、災害時の復旧を支援しようと、昨年8月1日、第1号の島根県松江市と漁港等の施設の災害復旧支援に関する協定を締結。以後、会員自治体と順次協定を締結しており、由良町は全国で9番目となった。

 由良町には三尾川、衣奈、戸津井、小引、大引の5つの漁港と衣奈、小引、大引の3つの海岸保全区域があり、自然災害で防波堤や物揚げ場、防潮堤などが損壊した際には、同センターが▽災害状況把握のための現地調査▽災害報告に必要な資料の作成▽災害査定に必要な設計図書などの作成▽災害査定への立会業務▽災害復旧支援に付帯する業務――を行う。

 締結式は役場で行われ、由良町から畑中雅央町長、宮下幸一朗副町長、同センターから宇賀神義宣理事長、松嵜哲夫調査役が出席し、協定書にサイン。畑中町長は「災害が起きた場合は、町の職員だけでは対応しがたいところがある。町民の安心、安全を守るため、迅速な復旧の支援は大変心強い」とあいさつ。宇賀神理事長は「災害時の支援は私たちの組織の使命だと思っています。由良町の災害時には全力で支援していきたい」と述べた。

 和歌山県では同センターの会員に由良町のほか、和歌山市、みなべ町も入っており、順次協定の締結を提案していく。

写真=協定書を手に畑中町長㊨と宇賀神理事長

関連記事

フォトニュース

  1. みんな海をきれいにね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る