熱中症救急搬送 日高地方は今夏88人

 御坊市、日高広域の両消防は今年の熱中症搬送状況をまとめた。御坊市は21人で昨年と比べて1人減り、日高広域は67人で7人増加。日高地方全体では88人で6人増えた。今年は遅い梅雨明け以降、気温の上昇とともに救急搬送が急増。重症患者や死者はなかった。

 国の調査期間内(4月29日~10月6日)に熱中症の症状で病院に搬送された人数。御坊市では6月22日から9月12日までの間に14~91歳、日高広域では6月9日から9月11日までの間に1~95歳が運ばれた。ほとんどが入院の必要がない軽症。入院が28日以上の重症、死亡はなかった。病院に運ばれた人は65歳以上の高齢者が多かったほか、運動中の子どもや農業など屋外作業中の大人が目立ったという。

 今年は梅雨明けが平年より3日、昨年より15日遅い7月24日ごろとなり、それ以降、気温が急上昇。気象庁のデータによると、川辺観測所で7月の気温が昨年と比べて平均、最高とも2度ほど低かったが、8月は昨年とほぼ変わらない平均26・7度、最高35・1度となり、御坊市では7月31日から8月6日までの1週間で9人、日高広域では7月25日から31日までの1週間に11人が熱中症で救急搬送された。

 両消防は「秋になりましたが、まだまだ日中の気温が高くなる日があるので気をつけてほしい」と注意を呼びかけている。

関連記事

フォトニュース

  1. つながり絶やさぬ社会へ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る