曽根酒店 秋の食卓にぬる燗純米酒

 秋の深まりとともに、朝晩の冷え込みも少しずつ強くなってきましたね。曽根酒店では、そんな季節にぬる燗でいただく純米酒を販売しています。

 蔵元ごとの特徴を活かした、個性的な味わいの7つの純米酒をご用意。

 「天寿 なでしこ」(秋田)は、香りが穏やかで旨みがふくらみ、ソフトで後味がキリリとした大辛口。「大山 赤」(山形)は、さらりとスッキリ軽快で、存在感もしっかりある淡麗辛口。「出羽ノ雪 雪」(山形)は、香りが絶妙ですっきりした口当たりの生酛純米。「越の誉 波」(新潟)は、旨みがやわらかで、すっきり軽快。魚介を引き立てる越後の淡麗辛口。「信濃錦 かかし」(長野)は、濃厚な料理も受け止める力強い味わい。コクとキレの濃醇辛口。「春鹿 さくら」(奈良)は、爽やかで甘やか。穏やかな香りで優しい旨みが広がる濃醇旨口。「司牡丹 花」(高知)は、生酛純米酒ブレンド。軽快さの中に味わい広がる土佐の辛口。

 価格はいずれも2147円(税込)。

 「温めることによって、味わいが豊かになります。ぜひ、今の季節に飲んでいただきたい純米酒です。皆さまのご来店をお待ちしております」。

写真=お手ごろ価格の純米酒

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る