日高川町のテニス公園 6コート分をドーム化へ

 日高川町のかわべテニス公園上屋新築工事起工式は21日、和佐地内の現地で行われた。公園北の「神和住(かみわずみ)ガーデン」と呼ばれるテニスコート6面の敷地をドーム化し、全天候型の屋内テニス場に整備する計画。施設の利用率向上や災害時の活用を目的に、来年秋の完成を目指しており、久留米啓史町長は来園者増に伴う地域振興へも期待を込めた。

 神事には関係者約20人が出席。丹生神社の江﨑文男禰宜(ねぎ)が祭主を務め、施主の久留米町長、設計の㈱岡本設計(和歌山市)坂本暁史代表、施工の㈱古部組(山野)仲修美代表がそれぞれ地鎮の儀を執り行った。

 神事終了後に久留米町長はあいさつし、「合宿などで他府県からお越しいただいた方々に天候の都合でテニスを楽しんでいただけないことが過去に多くあったが、上屋が完成すると天候に左右されることなく存分にご利用いただける」と新施設のメリットを説明。さらに「県下でも他に類を見ない規模。テニスのお客さまとともに、ご来園いただく方の増加も見込まれ、町づくりの一環として期待でき、住民の皆さんにも喜んでいただけると思う」と地域振興へ期待を込めた。

 ドーム化する床面積は約110㍍×約41㍍の約4500平方㍍。外壁は鉄筋コンクリート構造。高さ約16㍍の屋根部は立体トラス構造の主に金属板ふき屋根で、一部テント幕を使用し、晴天時の明るさを確保する。完成後は合宿などの誘致で利用率アップを図るほか、大災害時の救援物資などの集積・搬送施設としても活用する。総事業費は約7億4000万円。工期は来年9月7日まで。

写真=上屋新築工事の完成イメージ図

関連記事

フォトニュース

  1. それっ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る