日高川の大和歯車で第3工場の地鎮祭

 日高川町平川に工場を持つ精密歯車製造の大和歯車製作㈱(津井克巳代表取締役社長、本社=東大阪市)が、現第2工場の南隣に新たな工場(第3工場)を新築することになり、31日に現地で地鎮祭が行われた。

 日高川町の久留米啓史町長、熊谷重美議長ら関係者約30人が出席。紀道神社の間野常民宮司が神事を務め、津井社長らが地鎮の儀を執り行った。地鎮祭終了後には津井社長が「これから私どもが行う事業は非常に責任の大きい事業。この第3工場の建設は大きな命運を握っている」とし、「地元への貢献は何としても果たさなければならない。皆さんの温かいご支援をたまわりたい」とあいさつした。

 同社は1948年に東大阪市で創業。工作・一般産業機械、印刷機、発電機、船舶、鉄道、航空機など幅広い分野に使われる高品質・高付加価値の精密歯車を製造している。取引先は国内メーカーを中心に100社を超え、充実した設備と高い加工技術力により直径5㍉の小型ギアも製造可能。2012年には航空機部品製造に携わるには欠かせない認証となる航空・宇宙・防衛品質マネジメントシステム「JIS Q9100」を取得した。日高川町には、1992年に平川の町有の企業用地に和歌山工場(延べ床面積=約5900平方㍍)を建設。2015年に第2工場(約3400平方㍍)を増設した。

 第3工場は延べ床面積2644平方㍍。航空機事業の製造体制の強化へ向け、新たな機械を導入し、生産能力の増強を図って顧客ニーズに対応する。新規雇用は地元を中心に正社員20人を予定。投資額は16億5000万円。来秋の操業開始を目指す。

 設計は㈱宮本設計(宝塚市)、施工は岩出建設㈱(岸和田市)。

写真=地鎮の儀を執り行う津井社長

関連記事

フォトニュース

  1. 江戸時代はこんな感じだった?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  2. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  3. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  4. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  5. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る