日本人8人目のノーベル化学賞

 イギリスの科学者ファラデーの「ロウソクの科学」が売れに売れているという。リチウムイオン電池の開発により日本人8人目のノーベル化学賞受賞者となった吉野彰さんの少年時代の愛読書として問い合わせが相次ぎ、出版社は急きょ増刷を決めたそうだ◆子どもの時、すでに理数系は苦手と自覚していたがこの本は「面白そう」と思った覚えがある。結局読まなかったが、おかげで吉野さんに勝手に親しみを覚えた。奥様と臨んだ会見では素晴らしい笑顔を見せて「(授賞記念パーティーで)ダンスがうまく踊れるか心配」など話し、人柄の温かさを感じさせてくれた◆日本人のノーベル賞第1号は、当地方にもゆかりのある湯川秀樹博士だ。詩情に満ちた自伝的著書「旅人」は、有名な「未知の世界を探求する人々は、地図を持たない旅行者である」のほかにも、いろんな示唆にあふれる名文がつづられる。「先生に教えられた通りに、答えなければならない学問。そんなものに一生を託すのは、嫌だ」の一文に、事を成す人の気概が光る◆AERAの記事によると、吉野さんがリチウムイオン電池を開発する過程でも「常識はずれ」の視点と発想が基になったという。学問は常に未完成だ。未来へ向けたリレーのように、誰かのアイデアや閃きの結実が、また次の世代の誰かのアイデアの素になる。吉野さんのノーベル賞受賞決定後初となる講義では、「私の経験や考えを貪欲に吸い取ってほしい」と述べられた◆関東から東北地方にかけて甚大な被害をもたらした台風19号のように、近年は海水温上昇の影響で台風が大型化。地球規模で環境が大きく変化している。大自然の脅威から人々を守る技術が、どうか近いうちに生まれてほしいと祈らずにいられない。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. ぼくらの教室はどこですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る