日本人8人目のノーベル化学賞

 イギリスの科学者ファラデーの「ロウソクの科学」が売れに売れているという。リチウムイオン電池の開発により日本人8人目のノーベル化学賞受賞者となった吉野彰さんの少年時代の愛読書として問い合わせが相次ぎ、出版社は急きょ増刷を決めたそうだ◆子どもの時、すでに理数系は苦手と自覚していたがこの本は「面白そう」と思った覚えがある。結局読まなかったが、おかげで吉野さんに勝手に親しみを覚えた。奥様と臨んだ会見では素晴らしい笑顔を見せて「(授賞記念パーティーで)ダンスがうまく踊れるか心配」など話し、人柄の温かさを感じさせてくれた◆日本人のノーベル賞第1号は、当地方にもゆかりのある湯川秀樹博士だ。詩情に満ちた自伝的著書「旅人」は、有名な「未知の世界を探求する人々は、地図を持たない旅行者である」のほかにも、いろんな示唆にあふれる名文がつづられる。「先生に教えられた通りに、答えなければならない学問。そんなものに一生を託すのは、嫌だ」の一文に、事を成す人の気概が光る◆AERAの記事によると、吉野さんがリチウムイオン電池を開発する過程でも「常識はずれ」の視点と発想が基になったという。学問は常に未完成だ。未来へ向けたリレーのように、誰かのアイデアや閃きの結実が、また次の世代の誰かのアイデアの素になる。吉野さんのノーベル賞受賞決定後初となる講義では、「私の経験や考えを貪欲に吸い取ってほしい」と述べられた◆関東から東北地方にかけて甚大な被害をもたらした台風19号のように、近年は海水温上昇の影響で台風が大型化。地球規模で環境が大きく変化している。大自然の脅威から人々を守る技術が、どうか近いうちに生まれてほしいと祈らずにいられない。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る