御坊の阪本さん 独立美術展で最高賞

 全国的な美術団体、独立美術協会(絹谷幸二代表)の第87回独立展で、洋画白玄会会員阪本聡さん(55)=御坊市藤田町吉田=の作品が最高賞の独立賞に輝いた。2009年の新人賞受賞から10年で、当初からの目標を実現。近年は上位の「個人賞」への入賞が続いていた。阪本さんは「念願がかなってうれしい。今後も精進していきます」と話している。独立展は16日から28日まで、東京都六本木の国立新美術館で開かれる。

 同協会は、1930年に川口軌外らによって設立された歴史ある美術団体。美術展には毎年、全国から約2000点が寄せられる。

 阪本さんはみはま支援学校教頭を務める傍ら、地元の洋画白玄会に所属して制作。独立展には1998年に初出品、入選を重ね、新人賞のあと2010年に佳作賞を受けて準会員に。その後、奨励賞、TJ賞(=7位)、中山賞(=2位)、鳥海賞(=5位)と上位入賞を続け、今回晴れのグランプリとなった。

 作品は「WORK19―6」「WORK19―7」の2点で、いずれも130号(194×162㌢)の大作。アクリル樹脂を使った抽象画で、十字型、直線などの切り込みが入っているのがポイント。直角と直線の延長線上に、もう一つの四角形をイメージした。「私たちは縦、横、奥行きと3次元の空間に住んでおり、そこに時間が加わるのが現実の世界。1枚の絵の中で、描かれている空間と重なるように存在する、もう一つの見えない空間を表現した。目に見える空間が同時に内包する別の空間を提示することで、『動き』を表したかった。切り込みを入れることで、めくってみればもう一つの空間に通じるような、遊び心も加えた」と話している。

 受賞については、「念願がかなって、本当にうれしい。一定の評価はいただけたということなので、その評価に恥じない活動をしていかなければと思っています」と意欲的に話している。

 独立展は東京での開催のあと各地で巡回展を開き、大阪展は11月19日から24日まで大阪市天王寺区の大阪市立美術館で開かれる。

写真=受賞作品の「WORK19―7」㊧と「WORK19―6」

関連記事

フォトニュース

  1. このキラキラ 年季がちがいます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る