御坊の樽の味 機能性表示の甘酒発売へ

 漬物や甘酒を製造・販売している御坊市名田町野島の有限会社「樽の味」(細田幸治代表)は、新たに肌の保湿を守る働きがあるという機能性表示食品の「お肌うるうる甘酒」を発売する。商品に含まれる「米由来グルコシルセラミド」の「肌の潤いを保つ効果」についての届け出が消費者庁に受理され、早ければ今月中にクラウドファンディングで先行販売を開始。「飲んでお肌の保湿ケアができる甘酒」として女性を中心に人気が出そうだ。

 1999年設立の同社は、独自の発酵食品に関する知識、技術を生かし、3年前から甘酒「糀(はな)の甘酒」を製造販売。ヒット商品となり、「体にいい」といわれる甘酒に、さらに付加価値を持たせようと、商品に含まれる「米由来グルコシルセラミド」の機能性に着目した。

 機能性表示食品は企業の責任で、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品。特定の保健の目的が期待できる(健康の維持や増進に役立つ)という食品の機能性が商品に表示できる。

 通販事業部長の細田幸平さん(39)によると、細胞同士や水分をつなぎとめている肌の必須成分「セラミド」は肌の奥で作られるほか、近年は化粧品や美容液に配合され、肌に直接塗ることでセラミド不足を補う美容品として、外から補う保湿ケアで親しまれているが、最新の研究で飲むことでも肌のセラミド量が上がることが判明。なかでも特に、米由来セラミドが高い効果を発揮すると研究、臨床試験で分かり、一定量を甘酒に配合して研究結果と試験データを基に消費者庁へ届け出た。

 米からセラミドを抽出する会社の協力でデータを集め、商品のネーミングにもこだわりながら、データの整合性や信ぴょう性のチェックを通過。甘酒では西日本初の受理で、機能性表示食品としては県内11社目、御坊市では初めてとなる。

 「お肌うるうる甘酒」は、機能性関与成分の「米由来グルコシルセラミド」を1・8㍉㌘配合、150㌘入りで、市場小売希望価格は298円(税込み)。安く先行予約販売するクラウドファンディングのあと、年内にも一般販売を始めるという。

 細田さんは「材料はお米と水だけ。地元契約農家さんのお米で仕上げたこうじを100%使い、化学調味料や保存料は一切使用していません。それでいて健康的においしく飲むことができ、また、お肌の潤いを守る働きも得られるという『一石三鳥』の甘酒。女性のお肌の健康に一役買えれば」と話している。

写真=機能性表示食品の「お肌うるうる甘酒」を手に細田さん

関連記事

フォトニュース

  1. それっ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る