幸せな人生が最高の笑顔に

 友人の高校生の子どもの話。学校の文理選択で文系を選んだその子は、そろそろ自分が目指す大学、学部を決めなければならない時期だが、自分が何に向いているのか、本当に何をしたいのかが分からず、迷っているのだという。

 周りの友達は、将来の目標を持って受験する学部を決めている子もいるが、多くは自分と同様、まだ具体的なビジョンを描けていない。いまの時点で目標を決めている子とそうでない子とでは、勉強の仕方にも違いが出てくるように思える。

 リチウムイオン電池を開発した旭化成の吉野彰名誉フェローが、ノーベル化学賞を受賞することが決まった。東大阪出身の山中伸弥京大教授、京都生まれの本庶佑京大特別教授らに続き、吹田市出身の吉野氏の受賞が同じ関西人としても嬉しい。

 吉野氏は小学生のころ、大学で化学を学んだ新任の女性の先生に化学の不思議さを教えられた。先生は好奇心旺盛な吉野少年に英国の科学者が書いた「ロウソクの科学」という本を勧め、吉野氏はその本が科学者への入り口になったそうだ。

 音楽やスポーツ、芸能でも、偉業を達成する人の多くは子どものころからモノが違う。親や先生が何をいおうと、自分にはこれしかないという思いで一心に打ち込んできた結果の「現在」なのだろう。

 高校生にとって進路はいろいろあるが、もし受験や就活が思い通りにいかなかったとしても、その結果に友達との違いはあれど、勝ち負けはない。大切なのは自分の理想に一歩でも近づくため、自分のために勉強、努力することである。

 科学が好きな少年がそのまま大きくなったような吉野氏。会見でのとびっきりの笑顔に、そんな幸せな生き方が見える。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. 真っ向勝負!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る