幸せな人生が最高の笑顔に

 友人の高校生の子どもの話。学校の文理選択で文系を選んだその子は、そろそろ自分が目指す大学、学部を決めなければならない時期だが、自分が何に向いているのか、本当に何をしたいのかが分からず、迷っているのだという。

 周りの友達は、将来の目標を持って受験する学部を決めている子もいるが、多くは自分と同様、まだ具体的なビジョンを描けていない。いまの時点で目標を決めている子とそうでない子とでは、勉強の仕方にも違いが出てくるように思える。

 リチウムイオン電池を開発した旭化成の吉野彰名誉フェローが、ノーベル化学賞を受賞することが決まった。東大阪出身の山中伸弥京大教授、京都生まれの本庶佑京大特別教授らに続き、吹田市出身の吉野氏の受賞が同じ関西人としても嬉しい。

 吉野氏は小学生のころ、大学で化学を学んだ新任の女性の先生に化学の不思議さを教えられた。先生は好奇心旺盛な吉野少年に英国の科学者が書いた「ロウソクの科学」という本を勧め、吉野氏はその本が科学者への入り口になったそうだ。

 音楽やスポーツ、芸能でも、偉業を達成する人の多くは子どものころからモノが違う。親や先生が何をいおうと、自分にはこれしかないという思いで一心に打ち込んできた結果の「現在」なのだろう。

 高校生にとって進路はいろいろあるが、もし受験や就活が思い通りにいかなかったとしても、その結果に友達との違いはあれど、勝ち負けはない。大切なのは自分の理想に一歩でも近づくため、自分のために勉強、努力することである。

 科学が好きな少年がそのまま大きくなったような吉野氏。会見でのとびっきりの笑顔に、そんな幸せな生き方が見える。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. なかなか上手やん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 第23回日高町ふれあい祭

    11月 16 @ 12:00 AM - 11月 17 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る