国交大臣顕彰建設マスターに宮口さん

 優秀な技能・技術を持ち、後進の指導・育成に多大な貢献をしている優秀施工者国土交通大臣顕彰受賞者(建設マスター)が決まり、県内は7人、日高地方からは御坊市島の総合建設業㈱長田組(長田道典代表)の工事部長、宮口公一さん(61)=日高川町姉子=が選ばれた。宮口さんは勤続38年半の間、県内外の公共工事を中心に土木の施工・現場責任者として活躍。11日に東京・メルパルクホールで顕彰式典が行われる。

 もともと「ものづくり」が好きだったという宮口さんは、金沢工業大学で土木工学を学び、卒業後、地元に帰って長田組へ就職。多くの公共工事に携わるなか、「やみくもに図面通りにするのではなく、設計を基によりよいものを考えるのが仕事」と、コミュニケーションや現地の人に喜ばれる施工を心がけている。

 主な工事として歩道設置、山腹、保安林管理道新設追加、堤防改修、河川整備、道路改良、渓間に携わり、安全を第一に施工。1994年の龍神村・大泰谷山腹では崩落現場で二次災害の危険があるなか工事を進め、林野庁長官賞を受けて思い出深いという。

 「工事期間中は全てが大変だが、出来上がると、形に残り、達成感がある仕事。近くを通ると、うれしさがある」とにっこり。受賞に「こんな大きな賞をもらえるなんて思っていなかったので本当にうれしいです。指導してくれた先輩や社内スタッフ、協力会社の皆さんのおかげ。建設マスターの名前に恥じないよう一層頑張りたい」と話している。

写真=「皆さんのおかげ」と宮口さん

関連記事

フォトニュース

  1. この顔にピンときませんか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る