国交大臣顕彰建設マスターに宮口さん

 優秀な技能・技術を持ち、後進の指導・育成に多大な貢献をしている優秀施工者国土交通大臣顕彰受賞者(建設マスター)が決まり、県内は7人、日高地方からは御坊市島の総合建設業㈱長田組(長田道典代表)の工事部長、宮口公一さん(61)=日高川町姉子=が選ばれた。宮口さんは勤続38年半の間、県内外の公共工事を中心に土木の施工・現場責任者として活躍。11日に東京・メルパルクホールで顕彰式典が行われる。

 もともと「ものづくり」が好きだったという宮口さんは、金沢工業大学で土木工学を学び、卒業後、地元に帰って長田組へ就職。多くの公共工事に携わるなか、「やみくもに図面通りにするのではなく、設計を基によりよいものを考えるのが仕事」と、コミュニケーションや現地の人に喜ばれる施工を心がけている。

 主な工事として歩道設置、山腹、保安林管理道新設追加、堤防改修、河川整備、道路改良、渓間に携わり、安全を第一に施工。1994年の龍神村・大泰谷山腹では崩落現場で二次災害の危険があるなか工事を進め、林野庁長官賞を受けて思い出深いという。

 「工事期間中は全てが大変だが、出来上がると、形に残り、達成感がある仕事。近くを通ると、うれしさがある」とにっこり。受賞に「こんな大きな賞をもらえるなんて思っていなかったので本当にうれしいです。指導してくれた先輩や社内スタッフ、協力会社の皆さんのおかげ。建設マスターの名前に恥じないよう一層頑張りたい」と話している。

写真=「皆さんのおかげ」と宮口さん

関連記事

フォトニュース

  1. 2月中旬まで見頃です

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る