中紀バスグループ リフト付きバスを導入

 中紀バスグループ(高垣太郎社長)は車いすの利用者にも安心してバス旅行を楽しんでもらおうと、最新型のリフト付きバスを導入した。同グループとしては約15年ぶり。県内の観光バスでは珍しく、先月末の導入後、すでに予約も入っており、高垣社長(55)は「安心して乗っていただける、人に優しいバスです。どんどん乗っていただき、社会貢献につながればと思います」と話している。

 中紀バスグループは由良町(本社)や有田市、和歌山市、大阪府、千葉県などに事業所があり、貸切バスや旅行などの事業を行っている。新しいバスは和歌山市井ノ口の和歌山営業所に導入した。

 同社によると、リフト付きバスは約15年前に初めて導入。客からの反応はよく、特に学校や保護者から「車いすを使っていても、友達と同じバスに乗って修学旅行に行ける」などと喜びの声が多く寄せられたという。今回はバスの耐用年数が15年程度であることから、新車両の導入を決めた。

 導入したバスは走行車線からはみ出した際に警報で注意を喚起する装置や運転手の姿勢や顔の向き、目の開き具合などをモニターカメラで常に確認。前方への注意不足を検知すると警報が鳴る「ドライバーモニター」などが搭載されており、安全性が高くなっている。車内表示は日本語の他、英語、中国語、韓国語に対応し、訪日外国人観光客(インバウンド)も利用しやすくなっている。高垣社長によると、来年の東京オリンピック・パラリンピックの期間中は首都圏で出場選手の移動に使われる予定という。

 リフトはリモコン操作で、バスの窓を開けて乗り降りする。車いすの利用を想定したシートは、通常のシートより前の席との間が広くなっているのも特長となっている。

 問い合わせは中紀バス㈱和歌山営業所℡073―477―5501。

写真=車いすの利用者も乗り降りしやすいリフト付きのバス

関連記事

フォトニュース

  1. でっかいオモチャみたい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る