セレモニーホール プレア プレアの家族葬

 セレモニーホール プレアから、ご家族の想いを大切にした家族葬専門式場「ファミリア」を紹介します。

 家族葬は、家族や親しい友人を中心とした、少人数でのご葬儀のことです。少人数のため、一人ひとりの想いが反映しやすいという特徴があります。同会場は、家族葬ニーズに対応するために作られた式場で、参列者規模50人の親しい人たちだけでゆっくり過ごせる空間となっています。

 自宅のような感覚で少しでも休まるリビングや簡単な調理ができるキッチン、着替えの準備などに利用できる化粧室、控室があります。

 また関係会社である花屋ならではの、ワンランク上の花祭壇にこだわりが詰まっています。

 同式場では、随時お葬式の事前相談を受け付けています。

 「費用のことや準備のこと、どんなことでも心から安心していただくために、ご納得いただけるまでご相談ください。ご予算に合わせて選べるプランもご準備しております。どなたでもお気軽にご相談ください」。

写真=家族葬専用式場ファミリア

関連記事

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る