カルフール・ド・ルポ印南のデイ利用者 野菜作って販売へ

 印南町山口、特別養護老人ホームカルフール・ド・ルポ印南は、デイサービス利用者が敷地内の畑で無農薬野菜を栽培し、地元産品販売所などに出荷する独自の取り組みを行う。自分で作った野菜が売れる喜びを実感し、社会参加や生きがいづくりを促進。栽培は同町シルバー人材センターがボランティアで協力、3日にはホウレンソウなど第1弾の種まきを行う。

 カルフールでは、昔農業に従事していたデイサービスの利用者が「もう一度野菜をつくってみたい」と要望したのをきっかけに5年前、敷地内の2カ所合わせて約50平方㍍のスペースに畑をつくり、ダイコン、キュウリ、サツマイモなど季節の野菜を栽培。収穫した野菜は自宅に持ち帰ったり、利用者らのクッキングクラブでの調理に活用したりしてきた。

 利用者にとっては簡単な運動やリハビリになっていたが、今回、シルバー人材センターの協力を得て、「いきいき菜園クラブ」というサークルをつくり、本格的な無農薬栽培にチャレンジ。町内の産品販売所などに出荷する態勢を整えていく。全国的にも老人ホームの利用者が野菜や花を育てる「園芸療法」が知られているが、販売まで行っている例は少なく、モデルケースとして注目されそう。

 第1弾の栽培はホウレンソウとブロッコリー。3日にはシルバー会員と一緒に畝立てや種まき、苗植えなどを予定。今後も週2回程度、間引き、草引き、水やりを行い、順調にいけば12月頃に初収穫を迎える。

 カルフールの作業療法士佐々木昌平さん(33)は「利用者には畑作業を通じて社会参画していただき、地域住民との交流の場にもなれば」、デイサービス統括責任者の計雄多郎さん(50)も「だれかのために野菜をつくることでやりがいを持ってもらいたい」と期待している。

 シルバー人材センターの田中統事務局長(66)は「会員の中には農家の人もおり、地域貢献の一環として協力していきたい」と話している。

写真=敷地内にある畑を確認する佐々木さん㊨と計さん

関連記事

フォトニュース

  1. それっ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る