カルフール・ド・ルポ印南のデイ利用者 野菜作って販売へ

 印南町山口、特別養護老人ホームカルフール・ド・ルポ印南は、デイサービス利用者が敷地内の畑で無農薬野菜を栽培し、地元産品販売所などに出荷する独自の取り組みを行う。自分で作った野菜が売れる喜びを実感し、社会参加や生きがいづくりを促進。栽培は同町シルバー人材センターがボランティアで協力、3日にはホウレンソウなど第1弾の種まきを行う。

 カルフールでは、昔農業に従事していたデイサービスの利用者が「もう一度野菜をつくってみたい」と要望したのをきっかけに5年前、敷地内の2カ所合わせて約50平方㍍のスペースに畑をつくり、ダイコン、キュウリ、サツマイモなど季節の野菜を栽培。収穫した野菜は自宅に持ち帰ったり、利用者らのクッキングクラブでの調理に活用したりしてきた。

 利用者にとっては簡単な運動やリハビリになっていたが、今回、シルバー人材センターの協力を得て、「いきいき菜園クラブ」というサークルをつくり、本格的な無農薬栽培にチャレンジ。町内の産品販売所などに出荷する態勢を整えていく。全国的にも老人ホームの利用者が野菜や花を育てる「園芸療法」が知られているが、販売まで行っている例は少なく、モデルケースとして注目されそう。

 第1弾の栽培はホウレンソウとブロッコリー。3日にはシルバー会員と一緒に畝立てや種まき、苗植えなどを予定。今後も週2回程度、間引き、草引き、水やりを行い、順調にいけば12月頃に初収穫を迎える。

 カルフールの作業療法士佐々木昌平さん(33)は「利用者には畑作業を通じて社会参画していただき、地域住民との交流の場にもなれば」、デイサービス統括責任者の計雄多郎さん(50)も「だれかのために野菜をつくることでやりがいを持ってもらいたい」と期待している。

 シルバー人材センターの田中統事務局長(66)は「会員の中には農家の人もおり、地域貢献の一環として協力していきたい」と話している。

写真=敷地内にある畑を確認する佐々木さん㊨と計さん

関連記事

フォトニュース

  1. 真っ向勝負!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る