もてなしの力で魅力発信

 ラグビーワールドカップ日本大会が国民的な盛り上がりをみせている。日本は予選リーグでロシア、アイルランド、サモア、スコットランドに4連勝し、グループリーグを1位で通過。19日から始まる決勝トーナメントに進出し、アジア勢で初めて8強入りを果たした▼ラグビーは高校時代に体育授業で体験した程度で、ルールも詳しく知らない。しかし、大男が激しくぶつかり合う姿には迫力があり、他のスポーツにない醍醐味を感じる。そして、もう1つの魅力は「ノーサイド」。試合が終われば、お互いが相手を称える姿にも感動する▼スタジアム以外でもホスト国としてのもてなしが話題だ。出場している各国の国歌を覚えて応援しようという取り組みはその1つ。北九州市ではウェールズ代表の公開練習で、1万5000人が同国の国歌を合唱して歓待。同市だけでなく、各地で同じようなことが展開されている。千葉県柏市では地元の子どもたちがニュージーランド代表「オールブラックス」に、同チームが試合前に披露する伝統的な「ハカ」を踊って歓迎した▼こうした日本流のもてなしに対し、各国の選手やメディアが称賛。テレビや新聞で紹介されているだけでなく、SNSでは「日本は素晴らしい」などと世界中に伝えられている。それは言うまでもなく、日本のイメージアップにつながる大きな宣伝効果といえるだろう▼県内では来月9日からねんりんピック紀の国わかやま2019が開幕する。御坊市は健康マージャン、由良町はウォークラリー、日高川町はグラウンドゴルフの競技会場。全国各地から大勢が訪れるが、地元をアピールする絶好の機会だ。もてなしの力で地域の魅力を全国に発信させよう。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. なかなか上手やん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 第23回日高町ふれあい祭

    11月 16 @ 12:00 AM - 11月 17 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る