ごぼう商工祭あがら大食堂にぎわう

 御坊商工会議所のごぼう商工祭2019が27日、御坊市の小竹八幡神社周辺で、「御坊あがら大食堂」をテーマに開催され、多くの人でにぎわった。「うまいもん食堂」に地元の逸品が集まり、近大マグロの解体ショーには大きな人だかり。ステージイベント、ハロウィンエリア、フリーマーケットも盛り上がり、来場者はおなかも心も大満足の様子で一日を過ごしていた。

 神社前の道路に地元20店の飲食メニューが集合。カレーやラーメン、焼き鳥、寿司、粉もの、和菓子に行列ができていた。メインイベントのマグロ解体ショーでは、40㌔の近大マグロが登場。大きな歓声のなか、黒潮市場の鮪名人がダイナミックにさばき、取り囲む人は食い入るように見入っていた。解体されたマグロは握りずしで振る舞われ、東京・銀座と大阪・梅田でしか食べられない高級品に舌鼓を打っていた。

 マグロの解体ショーのほか、ステージは御坊市民吹奏楽団の演奏やラッキーナンバーくじの抽選会の後、ルービックキューブとコンビジャグリングで魅せる二人組の大道芸人「シンクロニシティ」のパフォーマンスで大盛り上がり。合唱、空手演武、アコースティックギター演奏、菓子・餅まきでフィナーレとなった。

 伊勢屋酒蔵内に設けられたハロウィンエリアでは仮装した子どもたちが大はしゃぎ。神社境内でのフリーマーケットも盛況で、家族で訪れていた野口の福井隆介さん(30)は「近大マグロはめっちゃうまかった。あとはバードマンの混ぜそばや八ッ房のなれずしを食べました。食べ物だけでなく楽しいイベントがいっぱいで大満足です」と話していた。

写真=マグロの解体ショーに集まる来場者

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ見にいらしてください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る