う~ん、とってもボタニカル

 先月29日から開催されている電車とアートが融合した地域活性化イベント「紀の国トレイナート2019」(同実行委員会主催)で19日、メインイベントとなる紀の国トレイナート号の運行が行われた。

 トレイナート号は臨時のアート列車で、御坊│新宮間12地域で12人のアーティストが、車窓を絵画の額縁に見立て、風景の中に施したアートを鑑賞する。この日は御坊駅を出発し、串本駅で折り返し、田辺駅まで走行。出発式が行われた御坊駅では、到着したトレイナート号に、続々と乗客が乗り込み、植物園のようなボタニカル装飾の1両目が人気を集めていた。車内ではジャズの演奏やアロママッサージ、地域の店の人気商品の販売などが行われた。

 海南市から友人と2人で訪れた前原容子さんは、「芸術が好きなので、列車からどんなアートが見られるか楽しみです。写真もたくさん撮りたいです」と話していた。

 同臨時列車は20日も田辺、新宮間を往復する。

写真=ボタニカル装飾の車内

関連記事

フォトニュース

  1. でっかいオモチャみたい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る