11月17日 宮井紀行が御坊でライブ

 今年でデビュー20周年を迎えた美浜町出身のシンガーソングライター宮井紀行が11月17日、御坊市民文化会館大ホールでライブを行う。ステージでは母校松洋中学校の吹奏楽部との共演もあり、美浜町のPRソングをうたう。煙樹ケ浜フェスティバルに出演した先月31日には、部員が練習する学校の音楽室を訪れ、和やかに音合わせが行われた。

 宮井紀行は98年、進学先の鹿児島の大学時代に友人と「なまず」を結成。鹿児島最大の繁華街、天文館のストリートライブで人気を博し、01年、コロムビアレコードからメジャーデビューを果たした。4年後のなまず解散後は再び鹿児島に戻り、ソロとして再出発。これまでシングル7枚、アルバム5枚を発表し、毎年、全国ツアーを行っている。

 年1回のワンマンライブは、会場の規模を少しずつ大きくしてきた。2年目は客席わずか50人の小屋だったが、6年目には600人を動員し、7年目の16年には初の1000人ライブを敢行。その後も「メジャーではない自分もやればできる」と挑戦を続け、おととしは1500人、昨年はついに2000人の大台に到達した。

 11月17日の御坊市民文化会館は鹿児島以外では初のホール。これまでのキャリアのすべてを注ぎ込み、バックバンドを従えてのステージとなる。

 美浜町のPRソング「僕の生まれた街へ」では、松洋中の吹奏楽部員23人がステージに登場。宮井のギターに合わせ、自分たちの学校やまちへの思いを込めた曲を演奏する。

 宮井自身、中学校時代は水泳部だったが、「そのころから音楽にはすごく関心がありました」といい、「部員のなかには同級生の子どもさんも何人かいますが、今回、母校の後輩たちと同じステージに立ってうたわせてもらえるのは本当にうれしい。きょうもうたいながら、泣きそうになりました」と感激。

 部長の宇戸美優さん(3年)は「きょうの音合わせはちょっと緊張したけど、宮井さんが冗談をいって和ませてくれたので、すごく楽しかった」と笑顔。打楽器担当の高垣陸人君(2年)も「この曲は演奏していてすごく楽しいです」と話し、宮井は「みんなで素晴らしい演奏をして、客席の皆さんをびっくりさせようぜ!」と力を込めた。

 チケットの問い合わせは宮井紀行TEAM和歌山実行委℡0738―20―5160。

写真=「当日はみんなをびっくりさせようぜ!」と気合みなぎる部員ら

関連記事

フォトニュース

  1. ブルーハーツがきた

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る