避難準備できてますか

 1日の防災の日を含む8月30日から5日までの防災週間に合わせて御坊警察署が、署1階に災害の写真を展示している。災害の記憶の風化を防ぎ、大規模災害に対する住民の危機意識の高揚を図ろうと、過去の災害での県警広域緊急援助隊の活動や被災地を記録した写真を展示。大地震や津波に対する備えや南海トラフ巨大地震による日高地方の津波浸水想定が書かれたリーフレットを置いている。

 一方、御坊市では本年度、御坊地区で津波避難マニュアルの策定が進められている。南海トラフ巨大地震を想定し、津波の襲来までに住民の避難を完了させるための地域別マニュアル。島地内に引っ越して1年になり、日高川町の実家に住んでいたころは気にしなかったが、南海トラフ巨大地震の津波浸水想定を見ると、いまの家は色付けされた「浸水区域内」。日高川河口の最大津波高は16㍍、津波到達最短時間は13分で、無事に避難できるだろうか。

 8月15日昼に広島県に上陸し、夜にかけて広い強風域を伴いながら、西日本を縦断した台風10号。和歌山県内も激しい雨と風に見舞われた。日高地方でも日高川等で氾濫危険水位を超え、新たな警戒レベルが導入されて以降初めて、速やかな避難を求めるレベル4が発令された。携帯電話の緊急速報が鳴り、寝ている妻を起こすべきか、何を持って逃げようか悩みながら、スマートフォンで県のホームページから河川監視カメラの映像を見つめること半時間。1時間たったころには眠ってしまった。幸い無事に目を覚ますことができたが、本当に避難が必要なとき、ちゃんと逃げられるだろうか。あらためて日ごろからの備えについて考え直したい。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 山も車両も気をつけましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る