西山蒲鉾店 地紙蒲鉾の注文開始

 西山蒲鉾店では、祭りに彩りを添える「地紙(紅白色で切り口が扇形)蒲鉾」の注文販売を実施しています。

 同店の地紙蒲鉾は、なんば焼に使用するすり身を扇形に成型し、丁寧に蒸し上げた蒲鉾です。老若男女問わず人気で、和歌山県内の地域によっては、お祭りや祝い事に欠かすことのできない商品です。

 同店イチオシのなんば焼は、紀伊水道で獲れた新鮮な魚を主原料に、自家工場で「すり身」にし、昔ながらの製法で丹念に焼き上げています。切り口に光沢があり、身は白く弾力があり、まろやかな味わいが特長です。

 また、ごぼう巻はなんば焼の姉妹品としても人気があり、やわらかく煮込んだごぼうと魚のすり身を魚の皮で巻き、同店秘伝のタレに浸して丁寧に焼き上げたもので、歯ごたえとしょうゆの香ばしさがたまりません。

 同店の商品は、県が推奨する「プレミア和歌山」に認定されており、水産庁長官賞をはじめ多くの賞を受賞しています。

 「地紙蒲鉾は季節限定商品です。この機会にぜひ、ご堪能ください。また、ご予算に応じて詰め合わせも承っております。皆さまのご来店をスタッフ一同、心よりお待ちいたしております」。

写真=お祭りやお祝い事に彩りを添える蒲鉾

関連記事

フォトニュース

  1. 龍が飛び出てきそう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る