美容業界のアカデミー賞 JHA新人賞候補に小池さん

 美容業界のアカデミー賞といわれる「ジャパン・ヘアドレッシング・アワード(JHA)2019」で、御坊市湯川町財部の「COCOLO HAIR」(ココロヘアー)オーナースタイリスト・小池直史さん(42)が、「ニューカマーオブザイヤー(新人賞)」部門で初めてファイナリストに選ばれた。優れた美容技術者を表彰する国内最高峰のコンテストで、県内では12年ぶり3人目の快挙。11月11日に東京で授賞式が行われる。

 JHAは一般社団法人ジャパン・ヘアドレッシング・アワーズ・アソシエーションが主催し、今年30回目。国内美容専門7誌にクレジット(名前)入りで掲載された作品が対象の「ジャパンヘアドレッサーオブザイヤー(大賞)」(掲載8作品以上)と「ニューカマーオブザイヤー」(掲載2~7作品)、一般公募作品が対象の「ライジングスターオブザイヤー(各エリア頂点)」と「エリアスタイリストオブザイヤー(各エリア賞)」の計4部門のフォトコンテストで、有名美容師や雑誌編集者が審査員を務める。大賞と新人賞の各部門は雑誌掲載という前提があるため高難度。新人賞部門は288人のうち、小池さんを含む22人がノミネートされ、授賞式で最優秀新人賞、優秀新人賞1人ずつが決まる。

 小池さんは昨年7月1日から今年6月30日までの1年間で4作品を発表。新人賞部門の審査対象に入った。作品は「I’m so happy」をテーマに、ロシア人モデルの笑顔がはじける一連の4点。コンテストにはカッコいい感じの作品が多く出される傾向にあるなか、見た人が幸せな気持ちになるようイメージし、ヘアはカールを効かせ、はじけた感じを表現した。

 18歳から美容業界に入り、2006年3月に店をオープン。ノミネートに「これは本当にうれしいです。あとは待つだけ」と笑顔を見せ、「もう次回の審査期間が始まっているので、雑誌のオファーをいただけるよう頑張り、いつか大賞部門で日本一になりたいです」と意欲をみせている。「美容師はオペレーターではなくクリエーター」。「こういったコンテストは都会中心の話ですが、もっと皆さんに私たちの活動を知ってもらいたい。もっともっと技術を磨き、お客さんをハッピーにしたい」と話している。

写真=小池さんの作品

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る