美容業界のアカデミー賞 JHA新人賞候補に小池さん

 美容業界のアカデミー賞といわれる「ジャパン・ヘアドレッシング・アワード(JHA)2019」で、御坊市湯川町財部の「COCOLO HAIR」(ココロヘアー)オーナースタイリスト・小池直史さん(42)が、「ニューカマーオブザイヤー(新人賞)」部門で初めてファイナリストに選ばれた。優れた美容技術者を表彰する国内最高峰のコンテストで、県内では12年ぶり3人目の快挙。11月11日に東京で授賞式が行われる。

 JHAは一般社団法人ジャパン・ヘアドレッシング・アワーズ・アソシエーションが主催し、今年30回目。国内美容専門7誌にクレジット(名前)入りで掲載された作品が対象の「ジャパンヘアドレッサーオブザイヤー(大賞)」(掲載8作品以上)と「ニューカマーオブザイヤー」(掲載2~7作品)、一般公募作品が対象の「ライジングスターオブザイヤー(各エリア頂点)」と「エリアスタイリストオブザイヤー(各エリア賞)」の計4部門のフォトコンテストで、有名美容師や雑誌編集者が審査員を務める。大賞と新人賞の各部門は雑誌掲載という前提があるため高難度。新人賞部門は288人のうち、小池さんを含む22人がノミネートされ、授賞式で最優秀新人賞、優秀新人賞1人ずつが決まる。

 小池さんは昨年7月1日から今年6月30日までの1年間で4作品を発表。新人賞部門の審査対象に入った。作品は「I’m so happy」をテーマに、ロシア人モデルの笑顔がはじける一連の4点。コンテストにはカッコいい感じの作品が多く出される傾向にあるなか、見た人が幸せな気持ちになるようイメージし、ヘアはカールを効かせ、はじけた感じを表現した。

 18歳から美容業界に入り、2006年3月に店をオープン。ノミネートに「これは本当にうれしいです。あとは待つだけ」と笑顔を見せ、「もう次回の審査期間が始まっているので、雑誌のオファーをいただけるよう頑張り、いつか大賞部門で日本一になりたいです」と意欲をみせている。「美容師はオペレーターではなくクリエーター」。「こういったコンテストは都会中心の話ですが、もっと皆さんに私たちの活動を知ってもらいたい。もっともっと技術を磨き、お客さんをハッピーにしたい」と話している。

写真=小池さんの作品

関連記事

フォトニュース

  1. 海の勇者が愛したキンセンカ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る