目標までの過程にこそ意味が

 いまから22年前、ロンドンで開かれたエルヴィス・プレスリー没後20年記念ロックフェスに、日本人の矢沢永吉が乗り込んだ。当時47歳。圧倒的なパフォーマンスで8万人の観客を熱狂させた。

 チャカ・カーン、ボン・ジョヴィらビッグな共演者は、リハで顔を合わせるまで誰も矢沢を知らなかった。客もほぼ全員が「誰?」「バイクのメーカー?」という完全アウェー状態だった。

 ロッド・スチュワートは永ちゃんが登場するまで露骨にシカトしていたが、永ちゃんが「Don’t Be Cruel」をビシッと決めるや、ステージ上ですり寄ってきて、「君、すごいね。今度一緒にツアーやろうよ!」と大興奮だった。

 「敵地」を意味するアウェーという言い方は適切ではないが、ミュージシャンが初めての会場で初めての規模のライブをやるというのはどんな心境か。美浜町出身で鹿児島を拠点とする宮井紀行が11月17日、ふるさと和歌山で初のホール単独ライブに挑む(10面に記事)。

 会場は御坊市民文化会館、キャパは900。鹿児島では1500人、2000人を動員するが、900というのはなかなか。さらに、来年1月26日には、5000人規模の鹿児島アリーナも決定している。正直、「大丈夫か」とも思うが、周りにいわれてやめるようでは何もできない。

 永ちゃんはロンドンのステージのあと、「一線がかっこいいわけではなく、そこへ到達するまでの過程にこそ大きな意味がある」と語った。スタートはボロボロでも、目標に到達するまでにいろんなしがらみを乗り越えて自分が磨かれるという。

 御坊のライブは本人と幼なじみが手売りで走り回っている。出会いとしがらみの中で、会うたびに成長しているのを感じる。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. キャラメル味やで~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  2. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  3. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  4. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  5. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る