由良へ移住の岡田さん 新規就農目指し奮闘

 今年4月、兵庫県明石市から由良町へ移り住んだ岡田卓磨さん(27)は、町が実施している短期農業就業体験(インターンシップ)を活用し、農業技術の習得に励んでいる。30日には吹井の畑で、施肥やトラクターの使い方を学んだ。岡田さんは「若者が由良町で農業を営むことは、町の人口減や耕作放棄地の解消に少しでも役立つ。その出発点になれれば」と話している。

 短期農業就業体験は町内での就農希望者に対し、認定農業者らから無料で指導するという内容。最大10日間の農業体験できる町独自の取り組みで、ノウハウを学んだ若者らの定住を促し、農業従事者の高齢化や後継者問題の解決につなげるという狙いがある。短期農業就農体験事業は本年度からスタートし、活用するのは岡田さんが初めて。

 今回の体験の指導は吹井の農業平林孝郎さん(57)で、第1回は8月末に行われ、この日が2回目。畑で肥料を撒いたり、トラクターを操作して耕したりする作業に汗を流した。来年3月末までに防除、収穫などの農業指導を受け、その後は休耕地を借りて町内で就農を目指す。 

 岡田さんは以前から田舎暮らしに憧れがあり、神戸の大学に通っていた当時知り合った由良出身の㈱ゆらちょうの井上慶祥代表(27)とのつながりなどからIターンを決意。4年間勤務していた明石市の会社を今年3月末で退職し、由良町神谷に移り住んだ。現在は半年が経過し、散歩途中で近所の人らから声をかけられるなどすっかり溶け込んでいる。

 岡田さんは「農業は初めてだが、とても楽しい。ここに来る前に思っていたように、海や山がきれいだし、人づきあいも密。住民間のコミュニケーションもできる」とすっかり気に入っている様子だ。

写真=平林さんの説明を受けてトラクターを操作する岡田さん

関連記事

フォトニュース

  1. まちづくりって難しい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る