災害に役立つドローン

 ドローン(無人航空機)は空撮をはじめ測量や農薬散布、宅配などさまざまな分野での活用の幅が広がっている。そんな中、地震や大雨、土砂災害などの災害現場でもドローンは有用であるとされている。

 先日、印南町でNPO法人次世代エネルギー研究所と同町が共催する災害対応のドローン実証実験が行われ、災害で孤立した地域を想定してドローンで衛星携帯電話や無線機、AEDの空輸が行われた。ドローンは安定に飛行し、無事目的地まで物資を届けることに成功。海岸部ではドローンによるサーチライトでの捜索や音声での避難勧告も行い、災害時に役立つことが確認された。

 印南町ではドローン隊を結成して、20人の隊員は操作技術者資格を取得。3台のドローンを所持してすでにさまざまな場面でドローンを活用している先進自治体だが、今回の実証実験を受けて職員一人一人がさらにいい刺激を受け、高い危機意識を持つことにつながったと思う。近隣町からは美浜町の籔内美和子町長が見学に来ていたが、他の自治体でもこういったドローンの活用が広まることに期待したい。

 現行の国の規制ではドローン本体と荷物の重さ合わせて25㌔以内に抑えなければならないため、今回は6㌔までの荷物を運ぶのが限界。水や食糧などの搬送はヘリでもできるが、山間部で小回りがきく形で行うためには、ドローンでもっと多くの荷物を運べるよう、規制緩和が必要ではないかと思う。生死にかかわる緊急時には人でもドローンで運ばなければならない時があるかもしれない。いずれにしてもICTの活用で住民の安心、安全につなげてほしい。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、とってもボタニカル

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る