災害に役立つドローン

 ドローン(無人航空機)は空撮をはじめ測量や農薬散布、宅配などさまざまな分野での活用の幅が広がっている。そんな中、地震や大雨、土砂災害などの災害現場でもドローンは有用であるとされている。

 先日、印南町でNPO法人次世代エネルギー研究所と同町が共催する災害対応のドローン実証実験が行われ、災害で孤立した地域を想定してドローンで衛星携帯電話や無線機、AEDの空輸が行われた。ドローンは安定に飛行し、無事目的地まで物資を届けることに成功。海岸部ではドローンによるサーチライトでの捜索や音声での避難勧告も行い、災害時に役立つことが確認された。

 印南町ではドローン隊を結成して、20人の隊員は操作技術者資格を取得。3台のドローンを所持してすでにさまざまな場面でドローンを活用している先進自治体だが、今回の実証実験を受けて職員一人一人がさらにいい刺激を受け、高い危機意識を持つことにつながったと思う。近隣町からは美浜町の籔内美和子町長が見学に来ていたが、他の自治体でもこういったドローンの活用が広まることに期待したい。

 現行の国の規制ではドローン本体と荷物の重さ合わせて25㌔以内に抑えなければならないため、今回は6㌔までの荷物を運ぶのが限界。水や食糧などの搬送はヘリでもできるが、山間部で小回りがきく形で行うためには、ドローンでもっと多くの荷物を運べるよう、規制緩和が必要ではないかと思う。生死にかかわる緊急時には人でもドローンで運ばなければならない時があるかもしれない。いずれにしてもICTの活用で住民の安心、安全につなげてほしい。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る