消費者としての増税の準備

 消費税増税が目前に迫っているが、消費者として準備はできているだろうか。

 同時に実施される軽減税率制度は、飲食料品と新聞の定期購読が対象になっているが、飲食料品の範囲から、外食や酒類が除かれるほか、その分類が状況により細かく分かれている。例えば、ケータリングは軽減されないが、有料老人ホーム等で行う飲食料品の提供は軽減税率対象。食料品とその他のものを組み合わせた商品は、原則対象外となるが、食品以外の商品価格が税抜き1万円以下の場合で、価格に占める食品の割合が3分の2以上であれば、食品とみなされ8%となる。実際、シールのおまけがある「ビックリマンチョコ」は価格のうち食品部分が3分の2以上を占めるので、軽減税率適用で8%だが、プロ野球選手のカードが入った「プロ野球チップス」は食品部分の価格が3分の2以下で、軽減なしの10%となる。

 そして、増税関係でよく話題に上がるのが「ポイント還元制度」。来年6月までの期間限定で、キャッシュレスで支払うと店舗の規模によってポイントが与えられる。大手チェーンのフランチャイズ店は買い物額の2%、中小の店舗では5%が還元される。しかしこれは、店舗側が経済産業省に申請し、審査を経て登録される必要がある。全国に対象店舗は約200万店あるが、10月1日からポイントを還元できる体制にあるのは約58万店という(5日時点)。

 同じものを購入しても税額が変わったり、支払い方で還元があったりなかったり、購入する店舗によって、還元率が違ったりと複雑を極めるが、自分が納める税金は理解したうえで支払い、利用できる制度は賢く活用したいものだ。増税で消費が落ち込み、景気に影響がないことを祈るばかり。(陽)

関連記事

フォトニュース

  1. なかなか前に進まへん…

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る