津波の日高校生サミット 日高の2人が発表

 「世界津波の日」2019高校生サミットin北海道「記憶を未来へ、備えを明日へ~北の大地からイランカラプテ。自然災害の脅威と対応を学ぶ~」が10、11日の2日間、札幌市の北海道立総合体育センターで開かれ、日高高校から2年生の北又悠愛さんと玉置裕子さんが出席し、防災カレンダーについての研究を発表した。

 サミットにはアルゼンチン、オーストラリア、中国、フランス、ロシア、アメリカなどの海外43カ国と国内の高校生、合計500人以上が参加。それぞれ防災について研究してきた内容を発表した。

 日高の2人は、先輩が考案した防災カレンダーを世界に広めていく必要性を提案。分科会では海外の生徒らを前に英語で説明した。「緊張したけど練習通り発表できました。カレンダーに興味を持ってくれた人もいて、うれしかったです」と笑顔。発表のほかディスカッションや立食パーティーもあり、「ディスカッションでは激しく討論する外国の方に圧倒され、なかなかしゃべれませんでしたが、パーティーではインスタを交換したりして、いろんな人と交流できました」。体験を通じ、「もっと海外の人とコミュニケーションをとれるよう、英語力と積極性を身につけたいと思います」と、世界の高校生に感化され大きく成長したようだった。

写真=マイクを手に発表する北又さんと玉置さん

関連記事

2019県軟式野球連盟学童部日高支部秋季大会決勝と閉会式

フォトニュース

  1. お、ナイススイング!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る