曽根酒店  秋からますます旨くなるひやおろし

 夏が過ぎ、秋が深まる季節がやってきました。実りの秋は、日本の食卓が豊かになるのに合わせて、まろやかな味わいとなったお酒の出荷が始まります。

 曽根酒店では、秋からますます旨くなる「ひやおろし」が登場しています。

 「ひやおろし」は、冬にしぼられた新酒が劣化しないよう春先に火入れ(加熱殺菌)し、暑い夏の間をひんやりとした蔵で眠ってすごし、秋の到来とともに目覚めるお酒です。通常のお酒は2度火入れをしてからボトルに詰めますが、熟成味をそのまま味わえるように2度目の火入れはせず出荷されます。

 ここで、ひやおろしの一部商品をご紹介。価格はすべて税別。

 ①高知県の亀泉(3300円)はバナナを思わせるフルーティーな香りとスッキリとした辛口。②千葉県の甲子(2800円)は、華やかなリンゴのような吟醸香とほどよい酸味で、まるみのあるやわらかな味わい。③長野県の大雪渓(2690円)は、爽やかな優しいマスカットのような香りで、スッキリとキレる後味。④秋田県の飛良泉(2980円)は、程よく熟成した大吟醸で、吟醸香と優しく上品な旨味にまろやかさが加わった極上の味。

 「ひやおろしは、瓶の中でもゆるやかに熟成していくため、季節の移ろいとともに深まる味わいが魅力です。秋の食材が旨味を増すほどに、日本酒も味わいを深めます。日本の食と酒が最高の状態で出会う季節の始まりです。ほかにもひやおろしを多数取りそろえていますので、お気軽にご来店ください」。

写真=これからますます旨くなるひやおろし

関連記事

2019県軟式野球連盟学童部日高支部秋季大会決勝と閉会式

フォトニュース

  1. この顔にピンときませんか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る