曽根酒店  秋からますます旨くなるひやおろし

 夏が過ぎ、秋が深まる季節がやってきました。実りの秋は、日本の食卓が豊かになるのに合わせて、まろやかな味わいとなったお酒の出荷が始まります。

 曽根酒店では、秋からますます旨くなる「ひやおろし」が登場しています。

 「ひやおろし」は、冬にしぼられた新酒が劣化しないよう春先に火入れ(加熱殺菌)し、暑い夏の間をひんやりとした蔵で眠ってすごし、秋の到来とともに目覚めるお酒です。通常のお酒は2度火入れをしてからボトルに詰めますが、熟成味をそのまま味わえるように2度目の火入れはせず出荷されます。

 ここで、ひやおろしの一部商品をご紹介。価格はすべて税別。

 ①高知県の亀泉(3300円)はバナナを思わせるフルーティーな香りとスッキリとした辛口。②千葉県の甲子(2800円)は、華やかなリンゴのような吟醸香とほどよい酸味で、まるみのあるやわらかな味わい。③長野県の大雪渓(2690円)は、爽やかな優しいマスカットのような香りで、スッキリとキレる後味。④秋田県の飛良泉(2980円)は、程よく熟成した大吟醸で、吟醸香と優しく上品な旨味にまろやかさが加わった極上の味。

 「ひやおろしは、瓶の中でもゆるやかに熟成していくため、季節の移ろいとともに深まる味わいが魅力です。秋の食材が旨味を増すほどに、日本酒も味わいを深めます。日本の食と酒が最高の状態で出会う季節の始まりです。ほかにもひやおろしを多数取りそろえていますので、お気軽にご来店ください」。

写真=これからますます旨くなるひやおろし

関連記事

2019県軟式野球連盟学童部日高支部秋季大会決勝と閉会式

フォトニュース

  1. かわいいよ「子」

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町クエ・フェア

    10月 19 @ 11:00 AM
  2. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る