日高番傘川柳会の塩路さん巻頭作家に

 日高番傘川柳会会員の塩路とみ子さん(85)=御坊市島=が、番傘川柳本社の「川柳番傘」誌9月号で巻頭作家に選ばれた。35年前から川柳を始め、7年前から本社に投句していた。巻頭作家となったのは3年前に続いて2度目で、川柳番傘誌を手に「光栄です。とてもうれしい」と喜んでいる。

 塩路さんは1984年、当時の「御坊ひがさ川柳会」に入会して川柳を始めた。93年に現在の日高番傘川柳会に入り、2012年から本社に誌友として投句。毎月6句を送るも、審査が厳しく、4句掲載されればいい方で、大抵2、3句しか載せてもらえないという。選者に巻頭作家として選んでもらえれば、誌友の部のトップに6句すべてが掲載される。塩路さんは16年、「しっかりと老いも病も受け止める」「幸せは片手に握るだけでよい」「恋挽歌意中の人も老いている」などの6句で初めて巻頭作家に選ばれた。

 今回は、「外された梯子に未練などはない」「ふる里へもう戻れない枯落葉」「当選後下げた頭が高くなる」「ぐっすり眠る明日は笑顔でいたいから」「青春を忘れて生きた戦中派」「過ぎ去れば苦労話は花になる」の6句で2度目の巻頭作家となった。選者は、番傘川柳本社副幹事長で川柳会の重鎮、森中恵美子さん。

 塩路さんは「今は体が悪くあまり外へも出られないのですが、川柳はほぼ毎日2、3句は詠んでいます。巻頭作家は二度はないと思っていましたので、うれしさで胸がいっぱいです。森中先生は以前から尊敬しており、選んでいただいてとても光栄です。これからも私なりに、せかずあわてず、川柳と仲良く暮らしていこうと思っています」と、掲載誌を手に喜びを話している。

関連記事

フォトニュース

  1. けっこう体力使います

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る