印南町で災害対応ドローン実験

 「防災の日」の1日、NPO法人次世代エネルギー研究所と印南町が高串の切目川ダムなどで災害対応のドローン(小型無人機)実証実験を行った。災害で孤立した地域を想定し、情報伝達手段となる衛星携帯電話や心肺蘇生のAED(自動体外式除細動器)などの緊急支援物資をドローンで空輸して検証。迅速かつ安定して運ぶことができ、災害時に有効な搬送手段であることが確認された。

 会場には同研究所のメンバーや町職員、町消防団員、一般住民ら約100人が来場。開会セレモニーでは同研究所の高木浩一理事長が「印南町はドローン隊を発足させ、隊員(操作技術者資格取得者)が20人いる先進自治体。きょうの検証結果を他の市町村に発信していただきたい」とあいさつ。日裏勝己町長は「住民の皆さんが安心して過ごせるよう訓練してほしい」と述べた。

 実証実験では、協力会社のスカイシーカー(東京都)がドローンを操作。切目川ダムから下流約650㍍にある田ノ垣内の旧真妻保育園まで飛ばした。ドローンの下部には収納ボックスが装着されており、重さ最大6㌔まで搬送が可能。最初に無線0・4㌔と衛星携帯電話0・25㌔の2つ、続いてAED2・5㌔を入れて飛ばしたところ、いずれも安定して飛行し、5分ほどで目的地に到着。荷物を降ろし、再び切目川ダムの会場に戻ってくると、見物人から拍手が起きた。

 スカイシーカーによると、ドローンは災害に有用であるとされるが、実証実験があまり行われていない。また、国の規制でドローンや荷物の総重量を25㌔以内に抑えなければならないため、今回のドローンが搬送用では最大規模となる。

 旧まづま保育園では、日高広域消防のAED講習も実施。最後に平尾潔司教育長が「ドローンは孤立集落が発生した場合の物資輸送に役立つ。正しい情報の伝達が減災、犠牲者ゼロにつながる。訓練は年1回ではなく、定期的に行うことが大切」と総評した。

 この日、切目川ダムの会場では町社会福祉協議会と日赤奉仕団が非常食の炊き出し訓練も行い、アルファ米などを振る舞った。前日の夜には印南漁港でドローンによるサーチライトでの捜索や音声での避難勧告も行った。

写真=切目川ダムの会場から飛び立つドローン

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る