印南町 民間宅地開発促進へ高台農地に水道管敷設

 印南町は災害に強い高台の宅地化を見据えた未来投資事業を進めていく。将来的に住宅地に転用できる高台の農地などに町がライフラインとなる水道管を敷設することで、民間事業者による宅地開発の呼び水にする事業。今年度は印南と西ノ地の2カ所で計画しており、行政コストをあまりかけない、独自の若者定住策として注目されている。

 従来、自治体の宅地開発と言えば、自治体の予算で用地購入や造成工事、売却を行ってきたが、未来投資事業では町が必要最小限の整備をすることで民間活力をうまく引き出し、行政のコストダウンを図る。

 今年度計画している印南地内の高台(本郷コミュニティセンター南)は海抜20㍍弱。付近一帯は農地で、現在農免道路の改良工事が行われており、今後工事の進捗(しんちょく)をみながら沿線に延長410㍍の水道管を敷設する。予算は700万円。西ノ地地内の高台(切目中学校北)は海抜18・5㍍。こちらも農地となっており、付近の町道沿い延長460㍍に水道管を設置する。予算は950万円。いずれも国道42号に近い海岸部だが、津波浸水エリアに入っておらず、土砂災害の心配もない上、日当たり良好、交通アクセスのよい高台。水道管の工事は今年度末までに完成させ、民間事業者に宅地開発を委ねる。宅地化すれば、2カ所合わせて30戸程度が建設できる見通し。来年度以降も別の高台で未来投資事業を行っていく。

 企画政策課では「地震による津波被害が心配される中、『家を建てるなら高台』というニーズが高まっているが、海岸線に高台の宅地がない。道と水道、排水が整っていれば、民間事業者は宅地開発に乗り出してくれるはず。農地に住宅用の水道管を敷設する発想はあまりないと思うが、未来への投資という実験ケースとして取り組んでいく」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 龍が飛び出てきそう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る