南海堂 12日と13日 月見団子販売

 秋といえばお月見! 南海堂では12日㈭と13日㈮の2日間、毎年好評の「月見団子」を販売します。

 餡をたっぷり盛った「あん付き」(6個入が520円、10個入が860円)と甘さ控えめのきな粉を使用した「きなこ付き」の2種類。「あん付き」と「きなこ付き」が各5個ずつセットになった10個入(750円)も用意しています。

 十五夜は、美しい月を見ながら、秋の収穫に感謝する行事で、その日の月は「中秋の名月」と呼ばれています。十五夜に月見だんごや芋といった収穫物などを供えるのは、いろいろな物事の結実に対して感謝と祈りを捧げるためだそうです。今年の十五夜に、同店の月見団子を利用してはいかがでしょう。

 「皆さまのご来店をお待ちしております」。

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る