フード・アクション・ニッポン てらがき農園の「味梅」が入賞

 地域の農林水産物や食文化の魅力を生かした産品を発掘する農林水産省の「フード・アクション・ニッポンアワード2019」の入賞100産品が20日までに発表され、みなべ町西岩代、てらがき農園(寺垣信男代表)の「極上南高梅 梅干 味梅」(260㌘)が県内で唯一選ばれた。自社所有の園地で完全無農薬栽培した南高梅を無添加の調味料で味付けした安全安心でおいしい、こだわりの逸品が高く評価された。

 日本全国から広く募集し、優れた産品を発掘、表彰するイベントでことし11回目。大手百貨店、流通、外食事業者らが審査委員となり、ことしは1491産品の応募の中から100産品を選んだ。10月17日の最終審査会でさらに受賞10産品が選ばれる。

 てらがき農園は寺垣代表と姉の寺垣あけみさんらが主となって、「梅一粒で体を整える」をコンセプトに、無農薬・自然栽培の南高梅の栽培から加工、販売を行っている事業所。もともと梅農家として低農薬有機栽培を実践し、梅干しをインターネット販売する中で、「もっと消費者に喜んでもらえるよう、安全でおいしい、世界に誇れる南高梅づくりを目指そう」と2006年ごろから完全無農薬栽培に切り替えた。ほぼ毎日の草刈りなど手間をかけても、販売できる梅はこれまでの10分の1に減収となったが、「本当にいいものを」と信念を貫き、梅干しのほか梅ジャム、梅シロップ、梅酢を製造している。販路もインターネットを使って自分たちで開拓した。

 そんな中で誕生した商品の一つ、「味梅」は、塩分11%、かつお節や昆布、みりんなどを配合した無添加のオリジナル調味料で味付けした梅。昔ながらの梅干しが苦手な人からも食べやすいと好評で、「この梅干しがきっかけで梅干しが好きになったという声をたくさんいただけています」と人気商品の一つになっている。同アワードでは別の商品で入賞経験があり、今回が2度目。

 寺垣代表とあけみさんは「梅干しを好きになるきっかけになってもらえればうれしい。これからも安全でおいしい梅商品づくりに努めていきたい」と話している。

写真=入賞した「味梅」を手にスタッフの皆さん

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る