セミが鳴かない夏に地震!?

 9月に入り、朝夕の気温が下がり、過ごしやすくなってきた。栗のいがが実り始めるなど景色は秋模様だが、まだまだ残暑は厳しい。近くの林などに足を運ぶと、セミが大きな鳴き声を響かせている▼このセミについてインターネットで調べてみると、興味深いことが多い。例えば、「実は暑さに弱いのに夏の一番暑い時期に地中から出てくる」「鳴いているのはオスで、メスは鳴かない」など。中でも意外だったのが寿命だ。「地中で過ごした幼虫が地上に出て、成虫にふ化すると、命は1週間だけ」と昔から教えられてきたが、そうではないらしい。実は2週間から1カ月程度生きるようだ。

 岡山県の高校生は捕まえたセミの羽に油性ペンで番号をマーキングして放し、後日に15匹を再捕獲した結果、クマゼミの3種で10日以上の生存を確認。最長はアブラゼミの32日間だったという。この調査結果は中四国地区生物系三学会合同大会で高校生の部(動物分野)で最優秀賞を獲得して注目された▼もう1つ興味深い話が、セミが鳴かない年は大地震が起こったということ。調べてみると、「1923年9月に起こった関東大震災では同年の夏に神奈川県川崎市多摩区の一帯でセミの声が聞かれなかった」「宝永地震が発生した1707年に三重県亀山市でセミがまったく鳴かなかった」という記録もあるという▼「セミが鳴かないのは大地震の前兆」というのは真実なのか嘘なのか。本当ならば、ことしは特に「セミが鳴かない」という話も聞かないため、大地震の発生はないことになる。とはいえ、災害はいつ起こるが分からないとも言う。常に万全の備えが必要だ。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 自転車の鍵かけ忘れずに!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る