クリームソーダの作り方

 幼いころ、祖父に連れられ、日高町から御坊市内によく来た。路線バスを使って。いつも商店街をあちこち歩き回り、休憩のときに喫茶店を利用。そこでクリームソーダを食べさせてもらうのが、一番の楽しみだった。

 古くからある喫茶店のメニューだが、情報番組でちょっとした工夫で売り上げがアップしたという話が取り上げられていた。その方法はアイスクリームの乗せ方。一般的にはソーダに氷を入れ、その上に半分くらい沈んだ形にするのだが、その店ではコップの縁に、真ん丸なクリーム全体を露出させて取り付けるようにする。実物を見ると、確かにクリームが半分ほど沈んでいるよりおいしそうで、インスタ映えしそうなあたりもウケる要因と考えられそうだ。

 お笑いタレントで絵本作家としても活躍しているキングコングの西野亮廣さん。大ヒットした絵本は、ネットで全ページ無料公開したことが成功につながったという。普通はネタバレが怖くてできないようだが、少し考えるとこれは絵本を買う人の心理をよくついている。筆者にも経験があるが、普通の本と違って絵本を買うときは本屋で手に取って内容を確認する。ネット公開ならその手間が省け、買いやすく、話題にもなって一石二鳥だったであろう。

 最近、再放送されていたドラマ「古畑任三郎」に感心したことも思い出した。刑事ドラマといえば最後にどんでん返し、真犯人が現れるというのが醍醐味だが、同作は犯人が最初から分かっている。犯人と分からせたうえで視聴者を楽しませるのはすごいやり方だ。

 新しい視点や角度は大切。クリームソーダ、絵本、ドラマからも教えてもらう。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊で会いましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る