もしもスマホがなければ

 25年ほど前、大学生時代。大阪で友人と待ち合わせする際、きっちりとした時間、場所を決めておかなければならなかった。サッカーや野球観戦などで初めて行く場所を待ち合わせに使ったとき、もしも迷子になれば、自宅の固定電話の留守電機能を活用。待ち合わせ相手が筆者宅の留守電に「現状」を録音してくれれば、遠隔操作で聞くことができ、ただ単に遅刻しているのか、トラブルがあったのか、また場所が分からないのかなどの原因が分かり大変役に立った。30代以下の若い人たちには「いったいなんの話?」と思えるだろうが、携帯電話が普及していない時代は何かと不便だったのだ。

 「もしもスマホ(携帯電話)がなければ」。とあるテレビ番組をきっかけに少し「スマホがない自分」を想像してみた。真っ先に思い浮かんだのは、時計を持っていないため時間が分からない。毎日楽しみにしているプロ野球の結果チェック、ニュースの検索もできず、一番困りそうなのは知人と連絡がつけられないことだろうか。地図がないから目的地に行けない、知らない土地に行けば現在地が分からない。記者の仕事は全くといっていいほどはかどらないし、大混乱すると思う。

 「いまどこ?」「着く前に電話するわ」「近くにきたら電話して。場所教えるわ」。いまでは当たり前の会話ができるだけで、冒頭のような待ち合わせの苦労がなくなる。スマホは持っていれば本当に便利である。ただ、なければ生活できない、そんな依存症も社会問題になってきており、決していいことばかりではない。たまにはスマホのない生活を考える、体験すると、自分の依存度チェックにもなるのでやってみてほしい。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ見にいらしてください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る