もしもスマホがなければ

 25年ほど前、大学生時代。大阪で友人と待ち合わせする際、きっちりとした時間、場所を決めておかなければならなかった。サッカーや野球観戦などで初めて行く場所を待ち合わせに使ったとき、もしも迷子になれば、自宅の固定電話の留守電機能を活用。待ち合わせ相手が筆者宅の留守電に「現状」を録音してくれれば、遠隔操作で聞くことができ、ただ単に遅刻しているのか、トラブルがあったのか、また場所が分からないのかなどの原因が分かり大変役に立った。30代以下の若い人たちには「いったいなんの話?」と思えるだろうが、携帯電話が普及していない時代は何かと不便だったのだ。

 「もしもスマホ(携帯電話)がなければ」。とあるテレビ番組をきっかけに少し「スマホがない自分」を想像してみた。真っ先に思い浮かんだのは、時計を持っていないため時間が分からない。毎日楽しみにしているプロ野球の結果チェック、ニュースの検索もできず、一番困りそうなのは知人と連絡がつけられないことだろうか。地図がないから目的地に行けない、知らない土地に行けば現在地が分からない。記者の仕事は全くといっていいほどはかどらないし、大混乱すると思う。

 「いまどこ?」「着く前に電話するわ」「近くにきたら電話して。場所教えるわ」。いまでは当たり前の会話ができるだけで、冒頭のような待ち合わせの苦労がなくなる。スマホは持っていれば本当に便利である。ただ、なければ生活できない、そんな依存症も社会問題になってきており、決していいことばかりではない。たまにはスマホのない生活を考える、体験すると、自分の依存度チェックにもなるのでやってみてほしい。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 真っ向勝負!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る