みなべの小学生がウィッグ用の髪提供

 寄付された髪の毛でウィッグを作り無償で提供する活動「ヘアドネーション」に協力しようと、みなべ町徳蔵、上南部小6年生の前田和可奈さん(12)が20日、ロングヘアをバッサリと切り、南部ライオンズクラブ(LC)を通じてNPO法人ジャーダックに送付した。3年半前に自身で調べてヘアドネーションを知り、大切に伸ばし続けた髪の毛は、頭髪に悩みを抱える子どもたちの希望として活用される。

 ヘアドネーションは小児がんなどの治療や外傷、生まれつきの病気など何らかの事情で頭髪に悩みを持つ子どもたちに、献髪でウィッグを贈る活動。

 前田さんは小学3年生のとき、同町山内のヘアサロン「Doublu(ダブル)」で髪の毛を切った際に、「もったいない。何か活用する方法はないのかな」との思いを持ち、家に帰ってインターネットなどで調べ、ヘアドネーションのことを知った。ネット上のことで半信半疑だったが、ちょうどそのころ、2歳上の姉の担任教諭がショートヘアになり、髪の毛を寄付した話を聞き、「私の髪の毛も人のために使ってほしい」と決心。3年半の間、思いを持ち続けて髪を伸ばしてきた。

 規定の31㌢以上(カットされた髪の長さ、全カツラの場合)になったことから、1カ月ほど前に思いを両親に初めて打ち明けたところ、父の秋男さん(43)が、知人でヘアドネーションに取り組んでいる白浜南LCのメンバーに相談。南部LCを通じて寄付することになり、この日、ダブルで髪を切ることになった。

 前田泰宏店長が、切り口と毛先がバラバラにならないようゴムで束ね、ハサミを入れていった。ショートヘアになった前田さんは「すごく短くなった」と笑顔いっぱい。同席した南部LCの出口幸三郎会長に髪の毛を手渡した。

 前田さんはクラシックバレエを習っており、いま髪を切ることにためらいもあったが、指導者の先生にも背中を押されたといい「人の助けになればうれしい。これからまた髪を伸ばして、また機会があれば寄付したい」と話した。

 髪を預かった出口会長は「小学生の素直な思いが本当にうれしい。今後も取り組んでいくので、同じ思いを持った人がいればぜひ連絡してください」と呼びかけている。連絡は事務局℡0739―72―4924。

写真=長く伸ばした髪を切ってもらう前田さん

関連記事

フォトニュース

  1. 寒さと静けさのなかで

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る