ふるさと納税の使い方

 日本全国のご当地グルメが楽しめ、応援したい自治体に気軽に寄付ができるふるさと納税。自治体によっては年間の一般会計に匹敵する寄付額が集まっており、出店者も潤うなどまちの活性化につながるいい仕組みだろう。一部では批判もあるが、とくに田舎の自治体にとっては地域の特産のPRにもつながっている。筆者が担当するみなべ町ではやはり梅の町だけあって梅干し、梅酒など梅商品が圧倒的で、ほかにも紀州備長炭、金山寺味噌、おかみ元気会のみなべの玉手箱などみなべらしい返礼品ばかりだ。

 2018年度のみなべ町のふるさと納税は2794件、3104万円。返礼品等を除いて町に入るのは1929万円。決して多く集めている自治体というわけではないが、町内出身の大学生らに学費等の支援のため20万円の寄付型奨学金を出す「ふるさと応援奨学金」として、昨年度は9人に給付。梅レシピ本の制作や教育旅行でみなべ町内の施設に宿泊する団体にも助成した。一般会計から繰り出すのではなく、納税を基金に積み立てて多くの人の寄付を目に見える形で町民に還元するいい取り組みだ。

 先日の町議会決算特別委員会でも取り上げられたが、基金の残高は4751万円あり、もっと有効活用すべきとの意見が出た。筆者も同感で、例えば本州最大のアカウミガメの産卵地である千里の浜を守る活動や団体への支援、梅の収穫時期に年々深刻化している人手不足解消のための対策や研究費、紀州備長炭の原木ウバメガシの育成など、まちの貴重な産業や文化を守ることに特化した使い方はどうだろうか。寄付者とまちの課題を共有することにもつながり、新たなアイデアが生まれるかも。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 全国で金メダルを!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る