ねんりんピック 花いっぱい運動スタート

 11月9日から開催される第32回全国健康福祉祭わかやま大会(ねんりんピック紀の国わかやま2019)で、全国から訪れる人を温かく迎えようと、主な駅や会場を花で装飾する県の「花いっぱい運動」がスタートした。

 花いっぱい運動は、県立農業関係高校、福祉施設、県農業機関で花苗約2万株を生産し、その苗を小中高校、特別支援学校、老人福祉施設など計267カ所で5000基のプランターに定植し栽培。花を咲かせたプランターで主要駅や大会会場15カ所を装飾するプロジェクトで、輸送は同大会協賛団体の公益社団法人県トラック協会が協力する。

 日高地方では、同トラック協会紀南ブロックを代表して、美浜町和田の白馬運輸㈱が輸送を担当。11日は、同社の川口明美代表が花の苗を生産した御坊市塩屋町南塩屋にある県の農業試験場暖地園芸センターから、プランター栽培を行う御坊小学校(弓倉正啓校長)にマリーゴールドの苗80本を届けた。川口さんから苗を受け取った弓倉校長は「ねんりんピックで御坊に来てくれた人に喜んでもらえるように、児童会で心を込めて育てていきます」と話していた。御坊小で育てられた花はJR御坊駅を装飾する。

 本紙エリアでは、由良町の障害者支援施設由良みのり園、南部高校でも苗を生産。次の24施設でもプランター栽培が行われる。

 由良町=役場、由良、白崎、衣奈小、由良中▽日高町=比井小▽御坊市=市庁舎、湯川、名田小、御坊、日高附属中▽日高川町=役場、山野、江川、和佐、川原河、寒川第一、笠松、三百瀬小、和歌山南陵高、日高高中津分校、白寿苑▽印南町=稲原小、稲原中 

写真=川口さんから苗を受け取る弓倉校長(御坊小で)

関連記事

フォトニュース

  1. 昔はどの家でも作ったけどな

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る