けっこう体力使います

 印南町地域資源活用推進委員会(中村泰介委員長)の第2回会議が17日、商工会館で開かれ、講師に「かつおちゃん」ことかつお食堂(東京都渋谷)店主の永松真依さん(32)を迎え、かつお節の魅力について講話を聴いた。

 永松さんは以前は毎晩のようにクラブで夜遊びする生活を送っていたが、祖母のかつお節を削る姿に感動して一転、自身もかつお節を研究することに。その後、全国のかつお節を削る人や製造工場を訪ねた。2017年11月には東京でかつお食堂をオープン。かつお節ご飯とみそ汁、だし巻き玉子のシンプルなメニューが都会で大ウケし、これまで間借りしていた店舗から今年8月に独立したことなどを紹介した。

 「一日限定70人のお店です。かつお節を削るには結構体力がいるので、これが限界です」とし、自称「鰹節伝道師」として「1本のかつお節にはいろんなストーリーがある。漁にもついて行きましたが、圧倒的な生のエネルギーを感じました。どこのだれが作ったのか、どんな思いがあるのか、その奥深さを伝えたい。日本の基盤となる味として今後は海外の人にも知ってもらえるようにしていきます。でもこれらは全て私が好きなことをただしているだけ」とにっこり。「印南町でも発祥の地ということでかつお節の博物館を建てるなどしてはどうでしょう」と提案していた。かつお節削りの実演もあり、味見した委員からは「おいしい」「ふわふわ」などの感想が聞かれた。

 委員会では、かつお節の魅力発信拠点づくりへ向け、かつお節削りの体験観光を試験的に実施していくことも話し合った。

写真=かつお節を削る永松さんと中村委員長

関連記事

フォトニュース

  1. みんなずっと友達だよ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る